DJI広島!メディアルームのドローン販売総合ページ

 ドローンの購入は、アフターフォローが確実で、いつでも電話が繋がるメディアルームが安心です
  機種の飛行確認を行って出荷(ファーム更新、パラメーター入力、飛行記録映像一式)

MAVIC MINIMAVIC MINI デモ機到着! 店頭で公開中。
納品予定 11月末日までに!限定数、入荷予定です。国内最速で47ページ日本語マニュアル完成。
MAVIC MINI 飛行セット 46200円(税別)
MAVICMINI FlyMoreコンボ付き 59400円(税別)
販売ページは ここ です。デモ機を操縦しました。安定度が凄いのと速度も折り紙付きです。
199gであっても、ローター幅を大きくすれば性能は劣らない。SPARKより二回り大きくても
軽量であればドローンの枠外に入る。威圧感さえ感じさせます。082-871-4600 aaa@gol.com

    
お求めの方は、年中無休で無料相談!
農業用 ドローンは こちら

社員募集(社外および講習)若干名

定期点検受付中(1年毎の年次点検)

広島市のドローン講習会なら
丁寧な指導・費用の安さが評判の株式会社メディアルーム

ドローンを操縦するために必要な基本的な知識や技術をはじめ、
ドローンを操縦する上で知っておかなければならない法律などについても学ぶことができます。
広島市でドローン講習への参加を希望される方は株式会社メディアルームまで!

ドローン講習について


ドローン操縦資格のオールマイティ<国交省認定資格>7月30日農業用ドローン国交省で一本化


これこそ、農約散布ドローンや測量全般、市街地のビルメンテナンス現場など、飛行許可が緩和される個人資格です。申請時には、当団体の登録番号を記載するだけで、細かい質問が省略されます。民間資格と異なり、すべての基本となる認証制度です。令和1年7月30日、農薬散布機も国土交通省への認証に一元化されました。ますます、国交省技能認証と飛行許可が唯一の手段になっています。





ご質問の多い項目

価格によって資格が変わるのでしょうか。
全く変わりません。当社より価格が高いのに、飛行形態が制限されている団体も多くあります。例えば、夜間飛行・危険物の運搬、別件投下などが認められていない講習も多くあります。当社は、すべての認証が認められています。

 



初日 《》 気象学・電波工学・関連法規・流体力学・ドローンの構造・撮影技法・カメラとレンズ・グランドステーション操作  二日目《》操縦技法全般・操縦実技試験 会場《》メディアルーム ショールーム
最終操縦テスト《》(タッチアンドゴー、S字飛行、モニターのみの飛行、グランドステーション飛行、機首を見失ってAtti操縦帰還など。※ 強風や天候不良でも全天候型MATRICE200を使用します

《》JDFL 上級飛行ライセンス  合格者は、国交省に報告後認証されます。
受講資格《》飛行経験10時間以上の方 (3時間~5時間の方は特別指導します)
初心者は、受講後に数回に分けて指導。  メリット《》飛行技術の証明になる
《》国土交通省に飛行申請を行う際に、個人調査を省略できます。
より詳しい  Q&A のページ 
  ❖ 講習訓練機 お徳用ページ
  ❖ 講習だけの方、お申し込みのページ
 
   受講料 99,000円(税込)《》前振込みでご予約ください。DJIドローン購入者は、受講料が 20%
  OFF
になります。 合格者に 認定証書、中型バッジ、および認定証明書を発行


    その2> 企業管理者用、一応熟知するだけでいい方には《飛行管理ライセンス》

《》JDFL 飛行管理ライセンスは 国交省には登録されません。《》飛行経験は無くても参加できます。法定の飛行内での操縦になりますが、その都度飛行申請を行い受理されれば、上級と同じように拡張条件での操縦が可能です。  
《》受講料 49,000円(税込)規定成績以上の方に当団体の飛行管理ライセンスを授与します(授業はライセンスと同等、幅広い知識が習得でき、企業のドローン管理者として対外的な信頼が得られます)。
DJIドローン購入者は、受講料が 20% OFF 

 他に例を見ない特長:
(1)雨天時にも規定通り屋外でテストを実施。全天候型・人命救助機 M200を使用しています。
(2)県外からの参加者や仕事が多忙な方のために、早朝から夕刻まで10時間連続 の特訓一日研修に応じます。(昼休憩35分)
(3)少人数制です。日程や曜日など参加者のご都合はバラバラですが、 ご予定に合わせる事が可能になります。
(4)農業用途の方はご相談ください。


     受講の仕方 コツ>座学講習日と飛行実地試験日を別々に行うと便利

      受講者の希望するスケジュールはマチマチです。また天候の崩れや強風などで、厳密には正確な実地試験ができないという
      事情が発生することがあります。その他、10名以上の実地試験を行うとなると、15分間/一人としても1時間当たり
      4名しか受験させることが出来ません。 受講生のご都合に合わせることができる、少人数制は弊社の得た結論です。

    飛行の練習場所と実質飛行時間  コツ> 練習場がない上に、中々技術が上がらない
     
      弊社独自の方法ですが、近くの空き地や人けが無い公園で合法的に飛行できるドローン購入の方には「トイドローン」
      Tello(DJI技術供与)を訓練機として贈呈することも可能です(予算内)。
     
      200グラム未満のマルチコプター・ラジコン機等は航空法上「模型航空機」として扱われ、無人航空機の飛行に関するルールは
      適用されず、禁止されているのは、空港周辺の飛行の高度150m以上の飛行だけです。引渡の時に簡単にご説明します。
      練習用Telloはスティック操作の可能なプロポもセットになっており、機首方向を変えながら操縦者と機体が一体化するまで
      訓練が出来ます。GPSは効きませんが、ビジョンセンサーで10m高度までのホバリングやRTHリターンホームも可能です。

      技術の習得後に、実際には中型機による実地訓練と試験を行います。座学講習を先に受けておいて後日実地試験か、2日連続で
      一挙に講習と受験を行うか、ご都合に合わせて選択ください。基本的には10時間以上の200g以上のドローン操縦経験が
      受講の資格になっています。弊社にお問い合わせください。    
     

 その他、初心者向け体験型、講習も随時開催します

 初めてのドローン体験会/初心者向け飛行体験と操縦訓練(定員になり次第常時開催)費用10,800円(税込) 1) 基礎知識の授業 2) 操縦体験(ドローンを貸与して一人一人飛行訓練します)/メール aaa@gol.com 電話 082-871-4600/
初心者体験会(お申し込みフォーム
 



  広島県及び近県・限定販売>お問合せください




 産業用ドローン
 スピーカー搭載可能、高ルクス照明機器搭載可能、ビーコン装備可能、6倍ズーム標準装備で産業用機器に位置づけら
 れるドローンです。警察関係者などに早くも導入が始まっています。
 ご予約お問い合わせは「ここ」に   この機体は産業機になります。すべてのパーツを揃えると30万円ぐらいとご想像ください。



最新情報! ENTERPRIZE DUAL リリースされました



ご予約お問い合わせは「ここ」*この機種は産業用機器です。待望の小型捜索ドローン赤外線検知タイプです(左上はサーモ画面) 価格は40万円弱付近です
               来店特典をご用意しております。 
    




HDRの画像を合成するアルゴリズムで最高画質を生成。ハッセルブラッドを組み込んだPROは特に1インチcmosで画質を追求、ZOOMは小型一眼カメラに使用される高精細1/2.3インチcmosですが、7倍ZOOMの機能を備えています。この機種の大きな特徴の一つにアクティブトラック時の軌道予測機能があります。つまり、樹木や岩陰にターゲットが一時的に隠れても、軌道予測アルゴリズムが働き、被写体を追い続けます。  全方向障害物検知/ 機体の全ての側面に障害物検知センサーを搭載、機体の前方と後方にある障害物を能動的に回避します。
一言体感アドバイス

* 全体がフラットな構造で抗力が少なく、PHANTOM4PROよりも上空で風の影響を受けません。風速4~5m程度では、突風時のふらつきが
  見られません。

MAVIC2 新発売 《詳細ページ》   MAVIC2PRO  在庫あり MAVIC 2 ZOOM 在庫あり  パーツ FlyMore COMBO


全天候 ll 人命救助用 万能用 ドローン  DJI MATRICE200 series





DJI M200シリーズは、災害現場や全天候撮影用の先端技術ドローンです。
シリーズは、カメラ一台のみ取付け型 M200、カメラが上部にも付けられ又下方には、2個まで接続可能なM210、更にM210にD-RTK(地上測位システム)がセットになったM210 RTKがあります。
最新情報 ZENMUSE XT2 (赤外線撮影/通常撮影 切替え可能)が間もなく入荷します(10月初め)。
この機種に付きましては、直接メールでお問合せくださいませ。
なお、M200機体やカメラに付きましては在庫がございます。
( 写真は在庫品を弊社内で撮影 )


 箱のまま届いても、自信がないという方に・・

質問します
左の写真をよ~く御覧ください。ここまで行っている代理店、国内にありますか。

一台一台ここまでやると引き合わないかもしれません。しかし、私どもは頑なに調整と飛行テストを終えたものを出荷してきています。ですから、トラブルは一件もありません。広島県外からの発注も、数多く頂いております。


M210 RTK + ZENMUSE Z30
X5S
(180倍のズームと飛行精度が高いRTK+ 高精細カメラX5Sのセットです)

テスト飛行場で離陸前の調整済みセット          メディアルーム社内、展示コーナーにて撮影。2018年10月山口県内に出荷。
この機種は、見積もりメール依頼機種になっています。ページではお値段は発表できません。



 更に MATRICE200 ZENMUSE XT2 2018_12_01 テスト及び訓練後に納品・・


 赤外線検知装置が付いた、XT2も
あらゆるDJI製品を責任を持って設定、ご指導まで行ってお引き渡し
弊社は何よりも信用を大切にしています(2018-12-01福山市の企業様に納品)。このジンバルは、米国のFLIR(軍事用)とDJIが協力して完成したもの。画面をタップするとその地点の温度が高い精度で表示されます。画像はサーモと切り替えて普通視覚映像4Kでも記録することも可能です。

私どもは頑なに調整と飛行テストを終えたものを出荷してきています。ですから、トラブルは一件もありません。広島県外からの発注も、数多く頂いております-M200 + ZENMUSE XT2(在庫あり)

            この機種は、見積もりメール依頼機種になっています。ページではお値段は発表できません。


 メディアルームは、S900やS1000など多くを組み立てて来ました。組立・操縦・教育・資格の総合産業です

   MATRICE 600 PRO

アームの隙間に6個のコンパクトで高性能なバッテリーを配置


福島県から
写真は、福島県内からの依頼で M600PRO D-RTKの組立を終えたものです。簡単な操縦方法や新しい機能などの説明を行い、更に飛行確認のビデオを添えて出荷しています。


DJI製品は、どこで購入されてもほぼ同一価格です。他の通販でお求めになった方で、当社にご相談を持ち込まれる件数はかなり多くあります。また、有料で設定や飛行のトレーニングを頼まれる方も多くあります。
販売はしているが、アフターフォローは手薄になっている販売店も実在しています。そのような中で手探りでお始めになった方では、CSCという言葉さえもお解りにならない方があります。RTHが怖くて使用されない方やコースロックで機首に関係なく操縦できることを知らない方も多くあります。弊社のやり方は独創的ですが、あまり量販すると弊社のようなマンツーマンのサービスは出来なくなるのかも知れません。 M600pro-RTK-genchi.jpg                                         《 販売のページ

モーターが止まったことも


M600PROの経験ですが、15分間通常飛行の後のRTHで、突然20m逆走して、立て直す間もなくまた15mほど反対方向にスピードを上げて移動、その後は上空でグルグル回転を続ける状態でホバリング。他の社員がプロペラが一つ止まってるようですということで、立て直して帰還させました。いかなる場合もスロットルは効きますので、高度を持ち直しながら、ラダーで回転を止めるとMAX倒したところあたりで回転が収まる状態。なるべく近くに寄せて、地上1.5mあたりで、また回転が始まる気配なのでCSCで落としました。これは墜落ではなく、最大限の技術で対応した強制着陸であったと理解しています。
(事例:機体を替えて納品。メーカーは10日後初期不良で対応)

常識が変わるマルチコプターの世界
マルチコプターの組立についての常識は、つい1年前と比較しても変わってしまったことが多くあります。電波搬送の方法や映像のダウンリンクの方法などは、数年前とは全く変わっています。(変化してきたもの=ファーム更新の方法、組立接続の方法、カメラの特性、許容電圧の違い、プロポの互換性など)
弊社はM600RTKに限らず、S1000、S900、M100、など半端ではない組立台数と飛行テストの経験を積んでおり、プロ映像カメラマン、測量技術者、高圧架線事業者からのご発注を全国的に多くいただいています。(実績ある地方/北海道、東北、関東、中部、関西、中国、九州、沖縄/ ※中国電力様=23機納入


  ドローン情報基盤システム(DIPS)オンラインで飛行申請が可能になりました。国土交通省のサイト>ここ>



 農薬散布用ドローン お気軽にご相談ください》納期厳守・予算に合ったご提案ができます 

農薬散布機なら安上がりで高性能な組み合わせをご提案させていただきます(小型5リットル散布機もあります)。
最適な機種を出来るだけ簡潔に導入できるようまずは、メディアルーム農業ドローン部門にお問い合わせくださいませ。

                                           

広島市でドローン講習を受けるなら株式会社メディアルームへ

広島市でドローン講習を受けるなら、丁寧な指導・費用の安さが評判の株式会社メディアルームへぜひご依頼ください。ドローン講習では、ドローンの操縦に必要な基本的な知識や技術はもちろん、人口集中地区での飛行など、関連する法律についても学ぶことができます。また、空撮・測量など各用途に適したドローンの販売も行っています。広島市でドローンの個人購入や会社での導入などをご検討中の方は、株式会社メディアルームへお気軽にお問い合わせください。

ドローン講習について

広島市でドローン講習を受けるなら株式会社メディアルームへ

会社名 株式会社メディアルーム
代表取締役 山本 嘉虎
専務取締役 山本 剛史
住所 〒731-0138 広島県広島市安佐南区祇園3丁目33-8
TEL 082-871-4600
FAX 082-871-4608
資本金 1000万円
設立 1981年(昭和56年)
営業品目 DJI 広島代理店
広告制作業務(CM制作数 300本以上)
実績 DJI 全製品の数多い組立と飛行実績があります。納入先:九州大学、北陸先端科学技術大学院、秋田大学、中国電力、その他、大手ゼネコン、測量業務会社、空撮業務会社、大手測量機器販売会社(群馬県・広島県)、弊社特約店は鳥取県・山口県・福岡県・大分県など撮影業、建設業の方は全国に広がります(独自のチュートリアルで飛行開始)
URL http://www2.gol.com/users/aaa/

    ❖ より詳しい講習  Q&A ❖講習訓練機 お徳用ページ  ❖ 通常講習  申し込みのページ

メディアルーム二次代理店様用 ご注文フォーム<ログイン>