データベースソフトについて


 商売柄、データベースソフトを扱うことが多いのですが、皆さんはいくつデータベースソフトをおもちですか?。私はMS−DOS用として桐,Paradox、windows用として、Access,DBase,Paradox,DBPro,TheCard,ファイルメーカーPro・・・と以外と持ってます。実際に仕事で使うのは桐、Access、DBProですね。あとは持っているだけ。評価するために買ったはずなのですが、インストールもしていないのもあります。

 いま、愛知県高等技術専門校で教えているのですがそこではAccessを使って卒業作品を作ってます。簡単な在庫管理なのですが、生徒はとまどっているみたいですね。ゼミ形式をとっているので担当する生徒は5人なのですが、リレーショナルデータベースの理解ができていないようです。じゃあ私は大丈夫かというと、はっきり言ってわかってません(^^;)。まあ、生徒よりは知識はありますが。

 あっと、わき道にそれてしまいました。今回書きたかったのは桐のことです。今度、桐がバージョンアップしてwin95対応になります。これが問題なんです。どうして一括処理をインストールしないんでしょうか?。客をバカにしていません?。技術力が不足しているのであれば、はっきり言ったらどうです。
 管理工学研究所はなかなかwin対応ソフトを出しませんでした。今度の桐と松風(松のwin版)が初めてのものだと理解しています。さんざん、win桐を待っていたのに。一括処理がなければ意味がないでしょうに。こっちは商売で使っているので(つまり、一括処理を含めたものを作成してお足を頂いている)、あんな状態じゃ顧客に「バージョンアップしてください」と言えませんぜ。

 本格的なRDBが日本企業から出ていないのはまずいんじゃないかと思ってます。桐がRDBとは言えませんが、DOSでの実績は十二分にあります。しっかりしてくださいよ。>管理工学研究所


前の文   次の文   メニューに戻る