2016年9月17日更新


第30回うさぎSANコンテスト2016

     IN ガンレク!フェスタ

2016年10月16日(日) 11:00〜15:00 (10:30集合)               会場:福岡市雁の巣レクリエーションセンター

★呼び名レース完全復活!!

★会場のお問い合わせは、雁の巣レクリエーションセンター(福岡市東区大字奈多1302ー53)電話092ー606ー3458まで。


◎コンテストは年に1回のラパンクラブの催しです。参加にはラパンクラブへの登録が必要です。(当日のお問い合わせは、090ー9579ー8051まで。)

◎会費の切れている方で、エントリー希望の方は、参加されるうさぎさん(1家族に代表1匹)の写真(プリクラは不可。裏にうさぎさんの名前を書いて)と、年会費を切手で800円分(82円切手を9枚+10円切手を5枚+2円切手を6枚)をお送り下さい。

もちろん、82円切手を10枚というカンパも大歓迎です。

●内容:カミカミ競争、呼び名レース、獣医師による健康診断、飼い主の基礎知識&スキンシップ度チェック、飼い主との交流                             

◎新しくエントリー希望の方は、参加されるうさぎさん(1家族に代表1匹)の写真(プリクラは不可。裏にうさぎさんの名前を書いて)と年会費を同封の上、お送り下さい。飼い主の氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス、うさぎさんの名前、性別、年齢、品種などの特色、さらに今までかかった病気の名前、病院などについても書き添えて下さい。

◎兎を参加されない方も、見学は自由です。

*初めての参加の兎さん、飼い主さん大歓迎です。

●もっとくわしく、今回のコンテストの情報を知りたい方は、ラパンタイムズ(季刊紙)の購読をお勧めします。申し込みはラパンクラブまで。


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・


2013年のコンテスト

●今までの会場の諸般の事情によりオープンな呼び名レースは昨年はできなかったが、今年から再び催すことができた。飼い主の歓声を無視して逆走したり、止ってしまう兎もいて、多いに盛り上がった。

●天候は大型台風27号の接近で開催が危ぶまれたが、見事な秋晴れ!。

●兎は1キログラムの小型・ネザ−ランドドワ−フから、6・2キログラムの大型フレミッシュジャイアントまでと、にぎやかな参加となった。


・・2011年4月16日(土)11:00〜14:30 会場:福岡YWCA(福岡市中央区舞鶴2-8-15)


東北地方大平洋沖地震被害への緊急支援募金バザーがあり、ラパンクラブも参加しました。

会場の中庭にクラブスタッフがいますので、どうぞお気軽に参加して下さい。この交流会に兎さんを連れて来てください。初心者向けにだっこの方法や、爪きりを指導しました。

・・イースターのウサギ祭! 4月19日〜27日、福岡YWCAの1階ロビーにて。同時に第二回我が家のウサギ展開

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・          わが家のウサギ展  
     
あなたは、忘れてはいないだろうか。
      動物たちが泣き、笑い、愛しあうことを、
      命ある限り生きていることを…。
 2011年1月22日(土)〜2月4日(金)
       
9:00 〜 18:00 最終日15:00まで
       
福岡中央銀行本店1階・アトリウム
       (
福岡市中央区大名2ー12ー1)
        
     ラパンクラブは、
ウサギが好きな人、一緒に住んでいる人、
      これから住みたい人、大集合!兎年目前の1986年に、
      ウサギ好きな人に呼びかけて、生まれた兎の愛好会です。
 そんな兎好きたちガ家庭で一緒に暮らしている自慢の兎たちをご紹介します。

 ラパンクラブ(福岡市中央区大名2ー4ー31ー401)
         電話:092ー733ー0949
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

<Information>

ラパンクラブの名誉会長!茨城県の河田さんから、2010年の新しい素敵なポストカードが届きました!タイトルは、Melody The Mini-Lop “メロディーの思い出”

長年、数十匹の兎さんと暮らしてこられた河田さんが、撮りためた写真をポストカードにされたものです。内容は最近の兎たちを中心に、厳選された12種類のポストカードです。愛情いっぱいに育った兎さんたちの和やかな表情が、心をやさしく満たしてくれます。クリスマス・カード、新年用カードなど、大切なお手紙にお使いください。

ラパンクラブでは通信販売を始めました。

*1セット(12枚入)850円・送料150円で、現金1000円 又は、80円切手12枚+10円切手4枚同封の上、お送り下さい。2セット以上は送料が加算されますので、一度ラパンクラブまで、ご連絡ください。

*山中秀書さんの展覧会 

兎の絵の器、絵本、墨絵などが展示販売されます。山中ご夫妻はコンテストの賞品に兎の絵皿を毎年提供していただいている奈良在住のアーティストです。

もっと詳しい情報は、山中さんの下記のホームページを覗いて見てください。

http://www.eonet.ne.jp/~hidehumi/

*会員さんお勧めのお医者さん

ラパンクラブの皆さんのお勧めの病院をご紹介します。もしもの時、至急の時はラパンクラブまでご連絡下さい。


ウサギをこよなく愛するウサギファンクラブ  ラパンクラブ         黒マメです

Lapin ClubTM

 ラパンクラブってなあに?

 あなたは忘れていないだろうか。

 動物たちが泣き、笑い、愛しあうことを、

 命ある限り生きていることをーー。

 ウサギが大好きな人、一緒に住んでいる人、これから住みたい人、大集合!こうやってウサギ好きな人たちに呼びかけたのは、兎年目前の1986年のこと。ウサギは人に一番馴染みがありそうな小動物でありながら 実際に飼い初めてみると、判らないことだらけ。それなのにペットの医学書の片隅に数ページしか記載されていない動物であることに愕然とさせられました。今でこそ小動物ブームでウサギの専門書も登場するほどですが、十数年前はウサギが病気になっていてもしっかり診てくれるお医者さんも少なかったのです。

 そこで、私たちはウサギたちのことをもっと知って、ウサギと人がよりよくつき合えるように、ウサギのためのファンクラブ=ラパンクラブ(ラパンはフランス語でウサギのこと)を作りました。ウサギを愛する人なら誰でも入れます。現在では、福岡県内はもとより、北海道から沖縄まで日本全国に会員の輪が広がっています。年に一回、福岡でウサギSANコンテストを開催しています。そして、会員のウサギについて知りたいことや聞いてほしいことを、季刊紙のラパンタイムズに掲載し、ウサギについて大いに語り合い、さまざまな情報交換をしながらウサギについて勉強しています。そして、その13年間の総まとめとして、ラパンクラグに寄せられてきた会員の方々の手紙をもとに、少しでも人とウサギがうまく暮していけるようにお役に立ちたいと、念願のうさぎ本を自主出版しました。その内容は、こちら

ラパンクラブでは、高田先生の書いた本「カンガルーの憂鬱」も扱っています。  


◎なお、ラパンクラブに入会希望の方は、80円切手10枚と飼っているウサギさんの写真やエピソード、病院情報、質問などを書いて、下記までお送り下さい。

季刊紙ラパンタイムズをお送りします。今、最新101号(2012年秋号)を発行中!

810ー0041福岡市中央区大名2ー4ー31ー401

 電話092ー733ー0949                    

       ラパンクラブ 今村ミヨ       LINKフリー   

メールはこちらまで。 Imamura<faff@gol.com>         禁写真無断転載