抜き型による成型や切削加工から型を必要としないチューブ切断でコスト削減へ
スライス技術による高精度切断
工法見直しでコスト削減へ
切る”という独自の発想から生まれ、不可能を可能にしたスライス技術です
  • 従来のプレス製法にくらべ均一な精度。
  • 原則バリ取り工程無し。但し材質によりバリが出ます。
  • 従来のプレス製法に比べ、コストダウンが可能。
  • ゴム材質であれば現在、0.03mmまでのスライスが可能。
  • 材質により異なります
ポリプロピレン、ポリエチレン、ナイロン(6、66、11、1 2)
ポリアセタール
フッ素(ETFE、FEP、PFA、PVDF、THV 他)PBT、PPS、PEI
PEEKR、熱可塑性エラストマー(ハイトレルR等)
その他熱可塑性樹脂一般


ご注文ロットは100〜1000個程度が理想的ですが、少量や大ロットもご相談下さい。
  チューブ素材からスライス加工による高精度切断です。
  カッティングで製品の形状を作り出す画期的な製造方法です。
  多品種少量生産に最適で短納期で安定した品質の製品をご提供致します。