パピークラスって何?

 犬は人と異なり、生後一年で大人になります。

 この短い期間のあいだにその犬の性格が決定してしまうと言っても過言ではありません。特に、生後1ヶ月〜4ヶ月の間は「社会化期」といって、自分以外の外界に興味を持ちだし、兄弟犬、ほかの犬、家族、その他の人、また自動車や色々な音などと接触し、いろいろな事を学んでいく時期です。



 この時期に色々な経験を積んでおかないと、情緒的に不安定に育ちがちです。知らないものを極度に恐れ、何に対しても吠えたり、臆病な性格になったり、噛みついたり等、非社会的で自分勝手な犬に育ってしまいます。

 つまり、この時期にしっかり意識してしつけをしてやらないと、性格形成上取り返しがつかない事態に陥る、と言う可能性があるのです。

  そういった犬にならないため、当グループでは下記の七病院が協力し、仔犬同士で遊べる場として、また多くの人と接する場として、「パピークラス」(子犬のしつけ教室)を開催しています。

 我々のパピークラスは、どうぶつ行動クリニック・FAU(ファウ)の尾形庭子先生の監修のもと、

淀動物病院
おざわ動物病院
イケモトベテリナリークリニック
めぐむ動物病院
モリタアニマルクリニック
アニマルホスピタル くみやま
コスタ


の7病院のスタッフ(獣医師および動物看護士)が中心となり、各病院の生後5ヶ月までの子犬と飼い主さんを対象として、非営利(経費のみ)で運営しております。

 さらに3ヶ月に1度、パピークラス参加者を対象として生後1歳までの子犬を対象に、その時期のしつけ方を学んでいただく「ジュニアクラス」というプログラムを希望者に対して行っています。

 パピークラスの詳細についてのお問い合わせ、あるいは疑問点などありましたら、上記の主治医の先生までお気軽にご相談下さい。

トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置