会員の著書

協会員の中にはキャロル関連の著書を出している人もいます。ここでは、国内会員の著書・訳書をいくつか紹介します。(著者の五十音順)


笠井勝子
(監修)『不思議の国の'アリス' ルイス・キャロルと二人のアリス』(求龍堂)、(監訳)ステファニー・ラヴェット・ストッフル『「不思議の国のアリス」の誕生』(創元社「知の再発見」シリーズ)、(訳書)『不思議の国 ルイス・キャロルのロシア旅行記』開文社
笠井勝子・平倫子・中島俊郎・庭野延子
(共著)『ルイス・キャロル小事典』(研究社)
金江チカ(ペンネーム)
(共著)『「不思議の国のアリス」への旅』(河出書房新社)
川戸道昭
(編纂)『明治期翻訳文学全集 新聞・雑誌編 サッカレー/キャロル集』(大空社)
川端有子
(共著)『【図説】英国レディの世界』(『英国レディになる方法』)(河出書房新社)
楠本君恵
『翻訳の国の「アリス」』(未知谷)、『出会いの国の「アリス」』(未知谷)、(訳書)『不思議の国のアリス』(論創社)
平倫子
『ルイス・キャロルの図像学』(英宝社)、『ルイス・キャロル身体医文化の実相』(英宝社)
高橋康也(故人)
『キャロル・イン・ワンダーランド』他著書・訳書多数
三村明
(共訳)モートン・N・コーエン『ルイス・キャロル伝』(河出書房新社)
門馬義幸
(訳書)ロジャー・ランスリン・グリーン『ルイス・キャロル物語』(法政大学出版会)、マーティン・ガードナー『ルイス・キャロル 遊びの宇宙』(白揚社)
安井泉
(訳書)『地下の国のアリス』『鏡の国のアリス』(新書館)
安井泉(編著)/小木野一・木下信一・楠本君恵・木場田由利子・平倫子・高屋一成・中島俊郎・夏目康子・西村光雄・三村明(分担執筆)
『ルイス・キャロル ハンドブック アリスの不思議な世界』(七つ森書館)

ホーム 活動内容 出版物 入会案内 リンク 会員の著書 会則 会員規定
Copyright © 2004 The Lewis Carroll Society of Japan.