ルノーの市バスがやってきた。

2000.6.REPORT

2000年5月より、大阪市の周辺部でルノーのエンジン、ボルボのボディを

持ったデマウンドバス(小型新交通機関)が運行を始めました。

6月のある日、100円持って乗りに行き、阪急十三〜神崎川の区間の

「小さな旅」を楽しみました。

 

ちなみに車体塗色は赤です

全長6220mm,全幅2130mm,低いステップ、

小回りのきくボディサイズ、民に先駆けて官がこのような

試験的車輌を導入したことは、評価に価するでしょう。

さて、1年の試験運行機関を過ぎても、縮小、廃止の声は

聴こえてきませんが、車庫に行くと大型バスの合間に挟まれ

可憐なその姿をいつまで見せてくれるのでしょうか....

*PRESENT このバスの紹介記事の載った「交通局ニュース」

が若干あります。ご希望の方は私まで。

戻る