1. ホーム
  2. さかのセラピールームの基本理念
不妊治療さかのセラピールーム

さかのセラピールームの基本理念

さかのセラピールームの治療における概念

先進治療による長年の臨床実績と社会的貢献


さかのセラピールームは、さかの鍼療室をリニューアルした治療室です。

さかの鍼療室は鍼灸師2代目、開業30年以上の臨床基盤と実績があります。
開業以来、婦人科疾患を優先した臨床を行ってきました。
生命に関わることは社会的意義があると認識するからです。


~経緯~
さかの鍼療室は鍼灸専門でしたが、婦人科をより優先するため、
2008年より婦人科・整形外科(主に医療機関からの紹介)・耳鼻科と領域を絞りました。

それでも常に飽和状態で、多くの受診希望者の治療予約を断る状況でした。
婦人科を優先できる空間にならなかったのです。
(*混在臨床では不妊治療のカウンセリングなどができません。常に守秘する義務を伴なうからです。)


~さかのセラピールーム~
仙台・さかの鍼療室は、婦人科、自律神経失調症、耳鼻科を専門とするため、
ふさわしい環境を再構築し、「さかのセラピールーム」として、2009年7月にリニューアルしました。

数年間、効果の検証を続けた独自の補完療法は、患者さまの信頼を裏切らない画期的な治療法です。

私たちは専門知識に基づくデリケートな治療とカウンセリングを併行し、医療知識に基づき、医療機関と差異のないレベルで対応します。
豊富な症例を有し、安心出来る臨床を提供します。


院長あいさつ

仙台市不妊治療さかのセラピールーム院長
さかの鍼療室(さかのセラピールーム)は対応疾患を限定する専門治療室です。

特に女性特有の疾患を対象とし、新しい概念と根拠に基づいた治療を行っております。
一般治療室とは理念や治療コンセプトは全く違います。

患者さまとの信頼関係を大切にし、健全な経営を目指しております。
(症状によっては、もちろん男性の方の治療もお受けいたします。)

今まで治療を通して出会った多くの患者さまの声から、婦人科疾患の背景に社会意識が深く関わっていると感じております。

当治療室は治療だけではなく、ジェンダーを考え、サポートする場としてのビジョンを持っております。


インフォームドコンセントとプライバシーの尊重


良い治療には、治療者と患者さまの「相互理解と信頼」を伴うことが必要です。

治療をする前に、患者さまの症状や不安を考慮し、
「何故そうなったか」 「どのように治療するか」 わかりやすい言葉で説明します。

また、狭い視野にとらわれない、ゆとりをもった接し方を心がけております。なんでも遠慮なくお話ください。
十分な問診・診察を行い、多方面の由来を考慮しながら、治療アプローチを構築します。

原因不明といわれる症状でも、沢山の情報を得ると、背景となる意外な要素を発見出来るのです。


~プライバシーを尊重します~
問診&カウンセリング室は別室にあります。
会話内容を守秘出来ます。
プライバシーが必要な相談時は、「カウンセリング室希望」と、告げてください。

Copyright(c) さかの鍼療室&さかのセラピールーム. All Rights Reserved.