ショートショット

報酬

井上 優

 

 天涯孤独のこの俺が、古い豪邸を相続することになった。ご先祖様が明治時代に建てたもので、大正期には廃屋になったという。身よりのないご先祖様の唯一の相続人として、今ごろ俺の名前があがったらしいのだ。

 この屋敷は、たいそう深い山の中にあり、地元では幽霊が出ると、もっぱらの噂だった。さっそく屋敷に行ってみると、これがひどいありさまだ。建物は大きいがボロボロ。邸内をくまなく見て回ったが、金めのものは見あたらない。揚げ句の果てに、どの不動産屋も取り引きに応じてくれない。商売になりそうもないそうだ。

 こんな屋敷をもらってもしょうがないが、いいことを思いついた。ここには幽霊が出るという。それが本当なら、屋敷のことを幽霊に聞いてみるのだ。もしかしたら財宝が隠されているかもしれない。さっそく俺は知り合いをたどって霊媒師を見つけた。

 霊媒師と一緒に、相続する屋敷へ行く。霊媒師は、なにやら妙な臭いのする物を燃やしだし、呪文のようなものを唱える。しばらくすると、煙の向こうに、人影らしきものが見えてきた。

「あれが幽霊なのか?」俺が聞く。

 霊媒師は黙ってうなずいた。そして「私の仕事はここまでです。会話が終われば、幽霊は消えるでしょう」そう言って、そそくさと帰ってしまった。

 俺は幽霊と会話を始めた。相手は若い女性で、メイドだったそうだ。俺が自分の立場を話し、そして言う。

「この屋敷を調べたが、遺産と呼べるものはなかった。で、実はあんたに聞きたいことがあるんだ」

「はい、なんでございましょう」

「ここには、隠し部屋があるんじゃないのか? そこに金めの物が隠してあるとか……」俺の言葉に、幽霊が言葉を詰まらせた。心なしか顔を下へ向ける。こいつ、何か知ってるな。「知っているなら教えてくれないか」

「いえ、私は何も……」

「そんなハズはない。メイドだったら、この家のことはなんでも知っているはずだ。なあ頼む。教えてくれよ」

「いえ、私は……」

「分かった」俺は、急に語気を強めた。「タダとは言わない。報酬をやるよ。ただし、生き返らせてくれなんてのはダメだぜ。俺にはそんな力はない。俺にできることをやるから」

 どうせ相手は幽霊だ。口から出任せで、何を言ったってかまやしない。

 「報酬」という言葉が効いたのか、幽霊は、にわかにうれしそうな顔になり、俺についてくるように言った。

 書斎らしき部屋に入る。彼女が本棚の一部を押すと、なんと、隠し部屋が現れた。小走りで中へ入ると、あるはあるは。ピカソの絵らしきものから、高そうな皿類、そして数十本の金の延べ棒。俺は飛び上がって喜んだ。

「ありがとよ。あんたのお陰だ。じゃあ、俺は一度帰って、このお宝を運ぶ車を取ってくることにしよう」

 そういって玄関から出ようとするが、扉が開かない。妙だ。窓を開けようとしても、やはりダメだ。

 ふと幽霊を見ると、薄ら笑いをしている。そして言った。

「もう百年以上ずっと一人でいて、寂しくて気が狂いそうでした。でもこれからは、あなたがそばにいてくれる。これでもう寂しくはないでしょう」

 幽霊の報酬は、俺をこの屋敷に閉じこめることだったのだ。


copyright 2002:Yuu Inoue(Masaru Inagaki)  ffユニオン73号(2003.1月号)掲載


Shortshot へ