ショートショット

暁の対決

井上 優

 

「そこまで言うんなら勝負だ」

 太った男が言った。まもなく夜が明けようとする時間。薄暗い光の中で、相手の男を凝視する。

「よし、受けて立とう。後悔するな」

 背の高い男が言った。太った男と同じくらいの年齢だ。

 互いに相手の顔を、穴があくくらい、にらみつけている。この勝負は絶対に負けられないと、二人の目が言っている。

「勝負といえば、あれしかないな」太っちょが言う。

「おお、望むところだ。どうせお前の腰にぶら下がっているそれは、コケおどしなんだろう。そんな立派なもんを持っていたって、なんの役にも立ちやしねえ」ノッポが言う。

「なんだと! 言わせておけばいい気になりやがって。お前こそ、腰のブツに物を言わせたらどうなんだ」

「うるせーやい!」

 二人がにらみ合う。ウエストに巻いた太いベルトに手をかける太っちょ。腰からぶら下がる物をチラチラ見ながら、相手の様子をうかがうノッポ。まさに一触即発の場面だ。

        *

 事の始まりは音だった。夜が明けるまであと少しの時間、太っちょとノッポは同時に奇妙な音を聞いた。二人の神経を逆なでした音。あれさえなければ「決闘」をする羽目に陥らなかっただろうに……。

        *

 にらみ合いは続いていた。太っちょが言う。

「だいたい、お前みたいな新入りと、一緒に居なきゃならんってのが気に入らなかったんだ。相手がお前じゃなかったら、今ごろ……」

「何を言いやがる」ノッポだ。「お前だって、新入りに毛が生えたようなもんじゃないか。そんなヤツに言われたかねえな。お前が俺よりベテランだというなら、さっさと事をすませりゃよかったんだ。それをビビりやがって」

「なんだと! ビビってんのは、お前の方だろう」

「俺がいつビビったってんだ。あんなもん、なんとも思っちゃいねえ」

「だったら、さっさと……」

「うるせー。そんなことより勝負だ」

「よし」

 じりじりと間合いを縮める二人。言い合う言葉も尽きてきた。真剣勝負が残るのみだ。

「五つ数えたら、同時に、だぞ」太っちょが言う。

「望むところだ」ノッポが答える。

 二人が同時に数を数えだす。

「一、二、三」

 適度な距離を置いた二人の表情が厳しくなる。真剣勝負なのだから、当然「一回勝負」なのだ。

「四、五!」

 同時に二人の手が前へ出る。太っちょの手は、固く握られていた。反対にノッポの手は、五本の指が全部広げられている。

「俺の勝ちだ!」ノッポが雄叫びを上げる。それを見ながら、太っちょが悔しそうに言った。

「しょうがねえなあ。じゃあ俺が見てくるぜ」

 言いながら、腰に下げた大型の懐中電灯を手に取り、スイッチを入れる。そして守衛室のドアを開けると、さっき聞いた妙な音のする方向へと歩き出したのだった。


copyright 2004:Yuu Inoue(Masaru Inagaki)  ffユニオン82号(2004.7月号)掲載


Shortshot へ