ショートショット

シャワー室の怪

井上 優

 

 恐怖のスポットは、至る所にある。某トンネルでは、親子の霊が出没するといわれ、また海にかかるある橋を渡ると、海面から無数の手が現れるという。多くは「友達の友達が体験した」とか「父親の会社の人の家族が遭遇した」など、恐怖を語る本人ではない体験者の話である場合が多く、ある意味、ウワサ話の延長のようなところがある。しかし、本当の恐怖スポットは、確実に実在するのである。


 念願の会社に入ることができた橋本ヨシエは、同時に一人暮らしを楽しんでいた。会社が出身地から遠いため、実家から通うことはできない。それはヨシエにとって、うれしいオマケでもあった。

 ただ一つ、困ったことがあった。それは、行き慣れたスイミングクラブに通うことができなくなったことだ。子供のころから水泳が好きで、ずっと続けてきたヨシエ。水泳だけは続けたいと思っていた。そんな矢先、会社の同僚から、新しいスイミングクラブの話を聞いた。

「ほら、消防署の隣に大きな建物があるでしょ。あそこに屋内プールができたのよ。実は私も会員なの」

 同僚のマリコが言う。ヨシエが答える。

「じゃあ、さっそく行ってみようかな」

 するとマリコは、少し声を低めてこう言った。

「きれいな施設だけど、ただね、ちょっとね……」

「何? 何かあるの?」

「実は『出る』ってウワサなのよ」

「出るって、も、もしかして……」

「そういうウワサよ。タオルを持ってシャワー室に五分以上いると、それが出るらしいわ」

 古い施設なら、そんな怪談があっても不思議ではない。しかしその施設は、最近できたばかりだという。建てた土地に問題があったのだろうか。

 しかしまあ、ウワサはウワサ。本当に出るかどうかも分からない。それに、マリコの話では、普通にシャワーを使っているだけなら大丈夫とのこと。それなら問題ない。最近、泳いでいないヨシエは、欲求不満ぎみだ。スイミングクラブへ行ってみることにした。

 土曜日。クラブは、そこそこにぎわっていた。怪談があるクラブとは思えない。マリコと一緒に来たヨシエは、手続きをすませ、ロッカールームで着替えた。そしてざっとシャワーを浴び、軽く体操をすると、プールに入った。

 久しぶりのスイミングは気持ちよかった。マリコもなかなかの腕前で、二人で数百メートルを泳いだ。

「そろそろ帰らない?」マリコが言った。

 その言葉をきっかけに、二人はプールからあがる。プールサイドで目を洗い、シャワールームへ。

 泳ぐ前のシャワーは、ざっと体の汚れを落とすためなので、それほど時間がかからない。しかし水泳後は、プールの塩素をしっかり落としたいという思いもあり、意外に時間をかけてしまう。その日のヨシエも、念入りにシャワーを浴びていた。

 隣でマリコがルームから出る音がした。そろそろ自分も出ようかと思っていたとき、背後に何かの気配を感じた。シャワールームは個室風で、通路との間はビニールのカーテンで仕切られているだけ。そのカーテンの向こうに気配があった。

 シャワーの順番待ちの人だろうか。それならマリコの使っていたルームが空いているはず。なのにその気配は、ヨシエのルームの前にたたずんでいる。

 気味が悪くなった。いったいだれだ? 何がそこにいるのか……。

 そのときヨシエは、自分が意外に長くシャワールームにいたことに気付いた。そして恐ろしいことにも気付いてしまった。そう、タオルを持ち込んでいるのだ。

「ええっ? やめてよ。あのウワサ、本当だったの?」

 ヨシエが青ざめる。カーテン一枚の向こうに、人間でない何かがいる。そう思うと、恐怖が頂点に達した。

 そのとき、カーテンが揺れた。外の何かがカーテンを開けようとしている。しかし開けられることはなかった。それがヨシエをいっそう怖がらせた。どうしよう、このままシャワールームに閉じこめられるのだろうかという恐怖も加わってしまった。

 声がした。低く、濁った声。カーテンの向こうから聞こえてくる。年老いた女の声に聞こえた。何やらぶつぶつ言っている。

 次の瞬間、カーテンが勢いよく開かれた。

 そして声が言った。

「あなた、規約を読まなかったの? シャワーは五分以内。ルームにタオルを持ち込んではいけない。目の前のプレートにも書いてあるでしょ!」

 そこには、さっき受付でクラブ入会の手続きをしてくれた老女が、怖い顔をして立っていた。

 ふと見ると、老女の背後にマリコがいる。マリコはニヤニヤしながら、こっちを見ているだけだった。


copyright 2005:Yuu Inoue(Masaru Inagaki)  ffユニオン87号(2005.5月号)掲載

※今回の作品は『ffユニオン』掲載のものより長くなっています。上記を短くしたものが掲載されています。


Shortshot へ