ショートショット

壁に当たるもの

井上 優

「今、音がしなかったか?」

「した。ドンって……」

 俺たちは、動きを止めて耳を澄ました。深夜、四階建てのヨシユキのアパートで、男が二人、固まった。

 ヨシユキが言う。

「マサシ、何の音だと思う?」

「部屋の裏の外壁だな。酔っぱらいが体当たりしてるのか?」

「ここは三階だぜ。アパートの北側に大きな木があるんだ。その枝が当たったのかな」

「いや、もっと重いものが当たってるというか……。裏に木があるなら、その枝にロープか何かで吊した重い物がぶつかってるような……」

 ヨシユキの顔が青ざめた。

「やめろよマサシ。木の枝からロープでぶら下がってて、かなりの重さがあるものって言えば……。それって、アレじゃないのか?」

「アレって?」

「アレだよ。人がぶら下がっても折れない木の枝にロープをかけて端を輪にしてだな、そこへ首を……」

「お、おい、マジかよ。ここは樹海じゃないんだから」

「やめてほしいのはこっちだ。俺はここに住んでるんだぜ」

「ヨシユキ、外を見てみろよ」

「嫌だ。もしアレがあったら……」

「じゃあ、このまま寝るか?」

「うーん、それも嫌だな」

「じゃあ、見るか」

「二人でな」

 俺とヨシユキは、部屋の北側へ行き、恐る恐る小さな窓を開けた。予想に反してそこには何もなかった。

「な、なんだよ、脅かしやがって」

 ヨシユキが安堵の声を出す。俺もほっとしながら言う。

「木は、アパートから結構、離れているんだな」

「ほんとだな。これならアレがぶら下がっていても、アパートの壁に当たらないよな」

「確かにそうだな。でも……」俺が言葉を止める。ヨシユキが不安げな顔をこちらへ向ける。

「でも、なんだよ」

「てことは、さっきの音は?」

 血の気が引いた。同時に、外で数人がしゃべる声が聞こえた。

「大変なものがぶら下がってるぞ」

「早く下ろさないとまずいんじゃないのか? 警察を呼ぶか?」

「風で揺れて、アパートの壁にぶつかってるぞ」

 聞くうちに、俺たちの鼓動はどんどん速くなる。そんなはずはない。アレがぶら下がっていないことは、今、確認したばかりだ。

 また「ドン」と音がした。

「てことは、どこかの窓の手すりから、アレがぶら下がって……」

 言いながら俺は、自分の足が震え出すのを感じていた。やばい。すぐそばに冷たくなったアレがいる。
 上の階から声がした。

「すみません、すぐにしまいますから」男の声だ。外に向かってしゃべっているらしい。続いて家の中に向かって言う。

「ダイエット器具の買いすぎで怒られたからって、こんなところにダンベルをぶら下げるんじゃないよ。ご近所さんが驚いてるじゃないか」

「だって……」

 夫婦らしい男女の会話を聞き、一気に体の力が抜けた俺たちだった。


copyright 2010:Yuu Inoue(Masaru Inagaki)  ffユニオン116号(2010.3月号)掲載


Shortshot へ