労働保険事務組合・豊橋民主商工会
労働保険事務組合豊橋民主商工会
労働保険の加入手続きは、
 給付基礎日額  保険料算定基礎額  年間保険料
   6,000円   2,190,000円  41,610円
  10,000円   3,650,000円  69,350円

におまかせください。(1968年2月設立)

労働保険事務組合利用のおすすめ

 事務処理を委託すると次のような利点があります。

  @労働保険事務を事業主に代わって処理しますので、
                       事務の手間が省けます。

  A労働保険料の額にかかわらず3回に分納できます。

  B事業主や家族従業者なども、労災保険に特別加入できます。

 労働者が業務上の事由または通勤によって負傷したり、病気に見舞われたり、あるいは不幸にも死亡された場合に、被災労働者や遺族を保護するため必要な保健給付を行うものです。また、労働者の社会復帰の促進など、労働者の福祉の増進を図るための事業も行っています。

 労働保険とは、労災保険と雇用保険を総称した言葉で、政府管掌の

保険制度です。パート・タイマー、アルバイトを含め労働者をひとりでも

雇っている事業主は成立手続きを行い、加入しなければなりません。

 労働者が失業した場合および労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に、労働者の生活および雇用の安定を図るとともに、再就職を促進するため必要な給付を行うものです。また、失業の予防、労働者の能力開発および向上その他労働者の福祉の増進を図るための事業も行っています。

労災保険とは・・・








雇用保険とは








一人親方のみなさんへ

 豊橋民商は、一人親方の組合として『豊橋民主商工会建設組合』を平成14年7月に設立し、労働省から一人親方労災保険組合として認可されています。
 元請から労災加入するよう言われた、と、一人親方の労災特別加入の相談が増えています。

 特別加入していないと一般の労働者と同様に働いていても、労災事故が発生した場合の補償はありません。もしもの事故に備えて、労災特別加入をしましょう。

 保険料について

 加入される方の所得に見合った給付基礎日額を選び、
保険料を決定します。

 保険料以外に年間事務手数料1,000円と、民商に加入する必要がありますので、
民商会費が別途必要です。

          くわしくは、豊橋民商までお問い合わせください。

建設業一人親方の保険料率 19/1000 ('17年4月現在)

  TEL 0532−54−1325
  FAX 0532−55−5207
  
メールでのお問い合わせは、
  minsho@gol.com