PicoSearch
ホーム > 紅茶の文化
Home
Information about us
New faces, events, & special offers
Find the perfect tea for you...
Browse our online catalogue
Go to checkout at CCNow
Frequently asked questions on tea
Join our mailing list for news and special offers
Our favourite links about tea
Send us email at enq@mptea.com
English version
紅茶の文化
多くの人にとって、イギリスと紅茶は切っても切れない関係にあります。しかし、紅茶はどれくらいの間、嗜好品として飲まれてきたのでしょうか?紅茶が飲まれる以前には、何が飲まれていたのでしょうか?紅茶はいつ現れたのか?最初に紅茶にミルクを入れた人は?その答えと、紅茶に関するおもしろい話をお知りになりたければ、どうぞこの先をお読み下さい。紅茶の年表

BC2737 年  中国の皇帝シェン・ナンがお茶を発見

例の如く、お茶は高貴な身分の飲み物として始まる。この年月記録が正確かどうかは定かではないが、紅茶はそれ以上に謎に包まれている。

AD 729年 日本で初めてお茶が報告される。

中国以外でお茶の栽培をしたは、日本が初めての国である。そして、茶道の洗練された作法でもお分かりのように、お茶は日本文化の不可欠な役割を担う。

800年 陸羽が「茶経」を著わす。

記録に残る最古のお茶の本として、今も多くの人に支持されている。

1560年 ポルトガル人が初めてお茶についての記録を残す。

驚くべきことに、この年まで西洋人とお茶の関わりは記録されていない。
1612年 お茶が初めてヨーロッパに伝わる。

しかし、飲料としてのお茶がヨーロッパに伝わるには、まだ数年を要する。
1658年 イギリスに最初のお茶が伝わる。すぐに、エールビールに取って代り、国民的飲み物となる。

ココア、コーヒーに続き、お茶は三番目に渡来した。初めは高価であったが、アルコールの代わりに、朝,昼,晩食前に飲まれた。

1680年 フランスでお茶にミルクが加えられた。
当時、ほとんどの場合緑茶であったお茶に、いつどこで最初にミルクが入れられたかは、よく議論される。古代より中国でミルクが使われたとの話や、お茶が渡英して間もなく、イギリス人がミルクを入れたとの証拠も残っている。

1820年代 ベッドフォード公爵夫人アンナがアフタンヌーンティーを発案する。

19世紀、イギリスでの貴族の生活は、なんと耐え難いものだったのだろう?貴族階級は朝遅く起きてブランチを正午頃取り、夕食はしばしばたくさんの賓客を招いて華やかに、8時過ぎ頃始まる。昼食から夕食までのこの長い時間、ベッドフォード公爵夫人は午後も半ばになると『沈んだ気持ち』になった。それを解決したのが、お茶とケーキのアフタヌーンティーだった。それは、すぐに社会的ヒットとなり、今日でも、社交好きの午後のブレイクとして引き継がれている。

1823年 アッサムでお茶が発見される。

ただ値段が高いという理由で、お茶は一般には普及しなかった。立派な家庭では、使用人がお茶を盗まぬよう、キャディーに鍵をかけていた。1823年まで、あらゆるお茶が中国から輸入されていたが、イギリスはもっと安く近場でのお茶の入手を切望していた。だから、イギリス植民地であるアッサムで茶樹が見つかって大喜びだった。「大英帝国のお茶」として知られるアッサムティーはまた「苦々しいお茶」とも呼ばれていました。農園に携わった多くの人々が、ジャングルを開拓する間、病気や害虫やトラなどによって命を落としたからである。

1835年 ダージリンで初めてお茶が栽培される。

元々ダージリンは、紅茶の原産地ではないと聞いて驚く方も多いであろう。1830年代、静かな丘の駅。そこは、インド統治機関の役人らにとっての避暑地だった。高地と澄んだ空気が繊細な茶葉を育てることが発見され、今でも当時から続く農園が残っている。

1838年 アッサムティーが初めてイギリスに渡る。
最初の収穫は、ほんの数箱分だったが、一時期には世界で最大の生産量を誇っていた。

1839年 セイロンで最初の栽培が始まる。

ベト病で、コーヒーの木が全滅する19世紀半ばまで、セイロンはコーヒーで有名であった。地価が急落したとき、勇気ある数人の農園主が代わりに紅茶の木を植えたところ、病害を受けなかった。今日では、セイロンティーはスリランカの重要産業の一つとなっている。

1903年 ケニヤで初めてお茶が栽培される。

紅茶の主要産地であるケニヤだが、その歴史は一般に考えられているほど長くはない。

20世紀

ティーバッグ、インスタントティー、缶入り紅茶など、新技術が生まれる。

- Teabags
- Instant tea
- Canned tea

While some of these are regarded with skepticism by tea purists, there is no shortage of traditional, high quality orthodox teas for those willing to search for them. Tea is currently growing in popularity, and its future looks assured!


[ホーム | 紹介 | ニュースとイベント | 紅茶の文化 | ティーピッカー | ショッピング | チェックアウト | Q&A |リスト | リンクス | English]

We use CCNow for secure
credit card transactions.
ご意見、ご感想、ご依頼などがございましたらご連絡下さい
メールアドレス:enq@mptea.com

 〒460ー0008
名古屋市中区栄4ー15ー14

(c) 1997-2010 M&P's Tea Ltd. enq@mptea.com