MAKINO PAGE

ホット・ニュースバックナンバー(1999.01-1999.03)



超びっくりの結婚式・・03月29日記

3月27日(土)帝国ホテルにおいて鈴木猛さんのご長男孝さんの結婚式・披露宴がありました。お相手は小川美那さんです。孝さんは現在イタリアの日本大使館に勤務されており式のため一時帰国されました。美那さんはフジテレビの総理大臣官邸の番記者で前日まで仕事をしていたという超忙しいお二人です。媒妁人は大島正太郎外務省経済局長ご夫妻でした。式はチャペルで4時から行われ、披露宴は5時30分からです。披露宴の出席者は269人の多人数でびっくりしましたが、それより驚いたことは来賓の顔ぶれです。海部俊樹元内閣総理大臣ご夫妻、梶山静六元内閣官房長官、与謝野馨通商産業大臣、玉沢徳一郎自由民主党筆頭副幹事長をはじめ衆・参国会議員の先生方が13人、神田真秋愛知県知事、宮本保孝全国信用金庫連合会理事長、足立和基信託協会副会長、日吉章生命保険協会副会長、坪井栄孝日本医師会会長、加藤順吉郎愛知県医師会会長、桧山健一納税貯蓄組合連合会会長、加藤千麿名古屋銀行頭取などなど名前を挙げれば全て主賓級の方々ばかりです。フジテレビからは中出伝二郎専務取締役、露木茂メディア事業本部役員待遇専任局長はじめニュースキャスターなどブラウン管でおなじみの方々など総勢51人、有名人では藤村志保さん、中野良子さんなどです。媒妁人と両家の共通の特別来賓として挨拶された海部元総理大臣に次いで、私は新郎側の主賓として挨拶しました。新婦側の主賓挨拶は梶山元内閣官房長官でした。ざっと説明してこんな状況でした。私の気持ちも察してください。終宴は9時でした。

かぜ、かぜ、かぜ・・03月26日記

風邪の流行もおさまりやれやれと思った時、ついに私も風邪にやられました。風邪気味の状態は3月5日頃からでしたが、買い薬でしのいでいました。7日(日)は「プリンスおかざき」審査でしたが雨のため寒いなと感じていましたが後から考えれば熱が原因でした。8日(月)は朝から食欲がなかったのですが、大事な用事もあり出勤、夜も以前からの約束の会食があり出席はしたもののほとんど箸も付けずに帰宅しました。この日帰って熱を計ったら38.8度でした。38度台の熱は11日まで続きましたが休まずに出勤しました。12日は27度台にさがりましたので福知山・神戸への一泊の視察に出かけました。でも、相変わらず食欲はなく熱が出てから3キロ痩せました。14日(日)は家康行列出場者の選考会、16日から18日までは東京への出張、21日は珠算優良生の表彰式、23日は愛知産業大学の卒業式、商工会議所の予算総会、24日は関係生保支社長の歓送迎別会、25日は委員会など抜けられない会議などの連続で体を休める暇がありません。今日も夜まで会議と会食の連続です。27日(土)、28(日)は友人のご長男の結婚式で上京。・・・ああ。

家康行列参加者選考終わる・・03月15日記

14日(日)は家康行列の参加者の公開審査会があり、私は審査委員として出席しました。プリンセスの審査とは異なり、それぞれの役柄に適した人を選びます。応募者も少年から70過ぎの方まで幅広く、また外国の方からも応募がありバラエティに富んだ楽しい審査会でした。行列の主役は徳川家康と井伊直政、本多忠勝、榊原康政、酒井忠次、元康、竹千代、於大の方、築山御前、亀姫、千姫です。変ったところでは「井伊直政」役にはフランス人の方が選ばれたことです。有名な井伊赤揃えの外人部隊が観客の目を引くことでしょう。祈るは当日の天気です。そういえば一昨年は雨でみじめな行列でした。昨年は「晴れ女です」とアピールした娘さんが築山御前役に見事選ばれその通りの行列日和でした。今年は、桜花爛漫の4月4日(日)午後1時30分に伊賀八幡宮を出発します。今年は花嵐の予感がします。この日午後6時からはアメリカニューポートビーチ市との姉妹都市提携15周年式が岡崎ニューグランドホテルで開かれます。春の忙しいシーズンの幕開けです。

プリンセス審査・・03月08日記

7日(日)「プリンセスおかざき99」コンテストの審査会に出席しました。プリンセスは3人ですが60人の応募者の中から選ぶのですから大変です。応募資格は岡崎に在住在勤の独身女性、18〜24歳です。プリンセスになりますと1年間、市の公式行事やイベントなどに参加しますが年間では50〜60回位になります。プリンセスには賞金30万円とアメリカ西海岸の海外旅行がプレゼントされます。審査は1次から最終まで4次の審査がありますが水着審査はありません。最終審査は10人程度の人数に絞り審査員の質問などに答える審査となります。初仕事は「さくらまつり」最大のイベントの「家康行列」にお披露目を兼ね参加することです。家康行列参加者は一般からの公募ですがこの公開審査会は14日(日)に開かれます。私はこの審査会にも委員として出席します。

コンピュータウイルス騒ぎ・・03月06日記

風邪のウイルスが下火になった先月、商工会議所の職員間のML(メーリングリスト)「Happy99」というワームが蔓延し大騒ぎになりました。幸いコンピュータウィルスのようにシステムを破壊するものではなかったようですが、一挙にウイルス発見ソフトの話題でもちきりです。これはアメリカのシリコンバレーを中心に蔓延したもので、2月上旬から日本でも広がり始めとのことです。全てのメールに不要な添付ファイルをつけて発信してしまう作用があり、添付ファイルを開くと感染します。岡崎商工会議所では私を含め6人に送られて来ましたが、情報化専門職が一早く気付き感染は免れました。「Happy99.exe」はEメールやニュースグループの添付ファイルとして送らて来たものですが、メールを開封するだけでは感染せず、「Happy99.exe」を実行してしまうと感染するのだそうです。厄介なのは感染したコンピュータからEメールを送りますと、本人が気付かないうちに自動的に「Happy99.exe」が添付されて送られてしまうもので、結果的に菌ばらまいてしまうことになるのです。わが商工会議所もウィルス対抗ソフトを導入を検討しています。

春よこい早くこい・・03月03日記

桃の節句です。このところ暖かい日が続いており春を実感します。陽気とは反対に不愉快なことや不可解なことが多すぎます。臓器移植法施行後始めてということもあったと思いますが、それにしても高知赤十字病院での脳死判定と臓器移植をめぐる行きすぎた報道姿勢には不快感しか残りません。個人の住所、年齢、人となりなどまでが報道される異常さはまさに暴力です。銀行にいよいよ公的資金が導入されようとしていますが、破綻した拓銀の頭取経験者が背任で逮捕されるなど銀行経営のトップの犯罪が明るみになろうとしている時に何か釈然としません。地元の東海銀行は増資を1,000億円、公的資金6,000億円とのことですが、私などの庶民の実感からは程遠い金額です。6,000億円という金額は、1日に100万円づつ使ったとして1643年もかかる金額です。いかに莫大な金額かがわかります。こんな途方もない莫大な金額が使われることの重大さを認識してほしいものです。本当の明るい春が待ち遠しいです。

危機管理の必要性・・02月20日記

2月17日は東京へ出張でした。会議は10時30分からでしたが、会議前に打ち合わせしようと早く家をでました。豊橋を7時16分発の「こだま」に乗ったのですが、先行の「こだま」が小田原・新横浜間で車両故障を起こし後続の列車は全てストップしてしまいました。私の乗った列車も小田原駅手前のトンネル内でストップ。いつ動くのか分からないままに40分ほどトンネル内に閉じ込められました。電気が消えたらなどと考えると不安がつのります。トンネル内で不気味なことに加え携帯電話が使えませんので列車内の公衆電話は行列です。日頃何気なく便利に使っているものが、不意に使えなくなることの不便さを体験させられ、危機管理の必要性を強く感じました。翌日の新聞では列車内には東京の青山学院、慶応など私大学の受験者が百数十人乗っていたとのこと。幸い彼等は別室での受験が許されたとのことですが、状況の連絡もとれずさぞ心配であったことと察します。

わが家の宝物・・02月15日記

2月11日は名古屋丸栄スカイルで開催の日本画家の「成田環個展」の鑑賞にでかけました。高山辰雄画伯に師事して本格的に日本画に取り組まれ、今や日展で審査員などの役職にも就かれている日本画の大家です。成田環氏は岡崎市在住で、職員の「鈴木まみ」さんの実父でもあります。そんなご縁でご招待を受けでかけたのですが、運良くご夫妻ともお目にかかり作品の狙い、エピソードなどゆっくり説明いただき感銘をうけました。私は全く絵心はありませんが、柔らかいタッチの中の独創的な新境地の作風には心打たれるものがありました。となりますと下世話の話しですがどの位の値段だろうというのが気になります。人の話しですと先生の作品は号8万円位とお聞きしました。そうしますと「まみ」さんの結婚式の引出物に頂戴した先生の絵は、わが家の宝物です。帰りには蒲郡の「東」で河豚料理を食べて帰宅しました。家内はこの日、転んで左手首を捻挫し車の運転もできずその後も店も休んでいましたが今日から出られるようになりました。

愛知県知事選挙・・02月08日記

2月7日は愛知知事選挙でした。保守相乗りの神田候補が全地域で影山候補の得票を上回り圧勝しました。心配されていた投票率も41、92%と前回より9、54ポイント上昇し、神田候補は153万票、影山候補が79万票でした。争点が万博に絞られた選挙でしたがまずまず予想通りの結果でした。でも、影山候補が共産党と浮動票で神田候補の得票の58%を占めたのには驚きでした。平成11年度の県財政は危機的な状態です。新知事も財政再建が課題であるだけに従来にない厳しい県政運営となることは必至です。初の民間人知事ですが、47歳という若さと一宮市長としての行政手腕を発揮して21世紀に向けて県政に邁進してほしいと願うものです。47歳と言えば私が専務理事に就任したのも同じ歳でした。

日展・8ミリ映画・・02月01日記

1月31日は日展鑑賞。絵心はありませんが毎年出掛けます。私の鑑賞法は,画題当てです。つまり絵をみて自分が作者に成ったつもりで画題を考え、その絵の画題と比べるのです。今年は8点程度の当たりで不振でした。日展鑑賞のあとは名鉄百貨店で開催された中日写真展に行きました。中日新聞社・中日写真協会などの主催によるもので50回記念ということでなかなか盛大でした。特に今年は知人の三浦聡氏(愛知産業短期大学副学長)の8ミリ映画の作品「大正ロマン」が見事通商産業大臣賞を受賞した映写会がありました。三浦氏は仕事上でも良く知った方で写真仲間でもあります。私とは一度も撮影会に行ったことはありませんが写真展を共同で開いたりしたこともあります。もともと名古屋大学の数学で博士号をとった数学者ですが、写真では多数の受賞経歴のある写真家でもあります。鑑賞のあと久しぶりに「鳥久」の鳥鍋を食べ帰りました。

結婚式・・02月01日記

1月は新年会で家で食事をしたことが無いほど忙しい日々の連続でした。2月に入れば少しは暇になると思うのですが、1日からは地域振興券の取扱事業者の登録受け付けが始まりますし、事業計画や予算編成などで相変わらずの忙しさが続きそうです。ところで、今年は、結婚式が多く、私の関係だけでも既に6組みの式が予定されています。2月4日(木)商工会議所議員川西進氏長男(岡崎)、3月13日(土)商工会議所専指導員長谷川通春氏長男(名古屋)、3月21日(日)甥滝沢史育(名古屋)、3月27日(土)友人鈴木猛氏長男(東京)、5月2日(日)職員渡辺彩由実さん(浜松)、5月16日(日)次男克彦(東京)です。それぞれ希望あふれる人生の門出です。祝ってあげたいと思っています。

初詣と岡信大黒会・・01月29日記

少し前に遡りますが、1月18日(月)は恒例の部会合同の初詣でした。今年の行き先は敦賀の気比神宮。1月にしては春を思わせるような良い天気でした。でも養老付近から北陸地は先週降った雪が残っており、神宮境内も掻き分けた雪が高く積まれていました。本殿で祈祷を受けて昼食は「やべ清越前店」でした。食べ切れないほどの蟹料理で満腹しました。帰途はお定まりの「海鮮市場」と「昆布館」に寄りました。例によって出発と同時に酒が配られ一日を楽しく過ごしてまいりました。飛んで1月25日(月)は岡崎信用金庫本店の「大黒会」でした。この会は本店と取引のあるお客がメンバーで毎年開かれています。今年も130人ほどが出席し盛大に開かれました。今年も福引きの賞品は、お米で銘柄は「秋田こまち」でした。一等は米一俵ですが、神取病院の院長が幸運を射止めました。昨年は、中根副会頭でしたが偶然両氏とも私と同じテーブルの方でした。福を呼ぶテーブルかも?。当日は歌手の「美川りか」さんが来ましたが、この歌手は商工会議所の主催したイベントに招いたこともあり、また昨年の初詣にはバスに乗り込んで終日歌で頼んだこともある顔見知りの歌手です。そんな関係で私は彼女とデュエットを歌わされてしまいました。

相談フリーダイヤル設置・・01月25日記

新年からあまり悲観的な話しはしないよう努めてきましたが、実態の景気は極めて悪くなっております。景気対策の効果も5月以降になると見込まれますし、金融事情も厳しくなっており中小企業はこれから3月にかけて深刻な事態が想定されます。そこで岡崎商工会議所では金融、下請取引、販売促進、雇用対策、倒産防止、転業などの緊急相談に即応できるよう専任指導員を決めました。また、フリーダイヤルやファックス、電子メールなどにより24時間体制で相談ができる体制を整えました。少しでもお役に立てば幸いと思っています。フリーダイヤルは、0120ー880959です。

地域振興券・・01月17日記

天下の愚策と酷評されている「地域振興券」の配布準備が各自治体ですすめられています。昨年11月16日の経済対策閣僚会議で正式に決定し発行されることになりました。このための予算は7,000億円、事務費約700億円で全額国費です。地域振興券交付事業は市町村が実施主体となり交付されますが、対象は15歳以下の児童が属する世帯主と65歳以上の市町村民税非課税者などです。65歳以上の全員が対象ではありません。額面は1,000円でつり銭は支払われません。また、金券などを購入することはできません。交換、譲渡・売買もできず6ヶ月に限り使用できる期限つきです。使える所は原則として発行された市町村となっています。地域振興券を取り扱える民間事業者(特定時業者)は、日常的な小売業、飲食店のほか、クリーニング、理容、旅館、医療、各種サービス、運輸、通信など幅広く対象されます。ただし特定事業者の登録が必要となります。商工会議所も民間事業者を包括する団体として登録することができます。登録事務が始まりますと商工会議所も忙しくなります。

新年会ラッシュ・・01月09日記

早いものでもう9日です。新年の挨拶廻りも一段落ですが、新年会はまだまだ続きます。昨8日は会頭の会社の新春賀詞交歓会と商工会議所議員の全員協議会&新年宴会がありました。毎年恒例の議員懸賞も発表しました。懸賞は商工会議所らしく経済関係の四問題で、岡崎市の人口、12月末の対ドル円相場、東証大発会の株価、岡崎市の9月末の製造品出荷額です。人口は334,340人で2,896人増、為替は115円18銭で14円73銭高、株は13,415円89銭でー1,540円95銭、出荷額は1兆2,245億2,800万円で1,874億2,900万円でした。1位はそれぞれ桜井塗工・桜井二三夫、中央立体図・柴崎昌紀、鋤柄農機・鋤柄国佐、名鉄岡崎ホテル・三ツ松昴の各氏でした。毎年1月に1年先を予想するのですから大変です、お見事でした。2年続きのマイナス成長で不景気の年の幕開けでしたが、不景気、不景気と気分まで落ち込まないようにしたいものです。「行動で新たな風を取り組もう」が大川会頭の年頭の言葉でした。私は今年も「開拓」「挑戦」「スピード」です。

わが家の新年会・・01月04日記

1月2日はわが家の恒例の新年会でした。長男は帰国できませんでしたし、親戚で都合のつかない人や常連客で来ない人も多かったものですから、結局今までで最少の15人でした。でも、今年は次男の婚約者も出席いただきましたので華やかで楽しく和やかな宴となりました。献立は、家内の手作りや、購入したもの、戴きものなどあれやこれやで結構品数は豊富になりました。思い出すままに書き出してみますと次のような料理が食卓に並びました。田つくり.数の子.昆布巻き.ぶどう豆.雪うさぎ.姫慈姑.鶴蓮根.千代呂木.鮑茸味噌焼.揚海老.栗金団.手毬麸.龍皮巻.ねじり梅.羽子板烏賊.車海老艶煮.零余子若草焼.金柑密煮.柿ゆべし.生酢.つくばね.甘鯛西京焼.出汁巻玉子.千社塔西京漬.菊花かぶ.時雨蛤.松茸昆布.西京玉子.帆立貝柔煮.干椎茸旨煮.蓬麸.こんにゃく黒煮.松前漬け.海老団子.利久床武子.子持鮎甘露煮.大徳寺相鴨.鶉鍬焼.鶏肝松風.牛肉時雨煮.鰻二身焼.金子真蒸.かき真蒸.蟹真蒸.かぶら寿司.うに.このわた.鱈親子漬け.白烏賊塩辛.沖漬け.鶏唐揚げ.海老フライ.わかさぎ唐揚げ.里芋煮.黒豆ごぼうにんじん昆布煮物.山女甘露煮.白菜漬け.あご野焼.蒲鉾.にし貝旨煮.鮭蟹サラダ.干し柿.りんご.みかん.刺身盛り合わせ.茹で蛸.うどん.とっく、などなどでした。私は食器の出し入れの手伝いをしました。

新年交礼会・・01月04日記

明けましておめでとうございます。1月1日は、清々しい晴天のもと、市と商工会議所共催の新年交礼会が中央総合公園の武道館で盛大に開催されました。毎年4千人近い市民の方々が参加される一大行事です。正副会頭は勿論、幹部も出席しますので正月休みは中断されますので長期の旅行はできません。今年は11、1、1で一の並び、一はピンで兎年はピョンですから、ピンピン・ピョンピョンといきたいものです。今年は「卯」年でが、古来「卯」は門が開き、開発、開拓、出陣とか、卯の刻は午前6時、卯の方位は東で、夜明けなどと良い年とされています。また、1999は縁起の良い吉数の並びで三三九度にも優る祝い年だそうです。1999の三重苦(経済のトリプル不安・・)を串刺しにして景気の良い年になるよう念じています。2日は拙宅での新年会です。親戚も含め誰かれは問わず無礼講で時間を過ごしてもらって
  • トップメニューヘ