小松 明 ボディソニック(体感音響装置)開発者。
 ボディソニック株式会社 常務取締役・研究開発センター担当、日本バイオミュージック学会幹事、全日本音楽療法連盟理事・初代事務局長、日本音楽療法学会理事、桐朋学園大学音楽療法講座非常勤講師、日本言調聴覚論協会理事、日本住宅環境医学会理事 などを歴任。
 ウェブサイト 体感音響研究所 管理者。

 

 主な論文・著書に 「体感音響振動の効果メカニズム試論」「音・音楽・振動と眠り」「音楽振動醸造、音楽振動熟成の試み」「音楽療法最前線(共編)」「振動音響療法(訳著)」 など多数。

 

 1960年代に EWI、ウインドシンセ 技術開発の先駆 となる 吹奏式電子楽器 “エレキサックス”を開発

 1960年代から70年代にかけて、GTボードスピーカ、エコニックサウンドトランスデューサ など、動電型の電気−機械振動変換器を開発し、この技術をキーテクノロジーとしてボディソニック・システムを完成。特許多数
 技術開発にあたっては、格言「偉大なものは全て単純である」を座右の銘にしている。

 1937年 東京都小石川区生まれ。

          体感音響研究所