体感音響研究所


ボディソニックの
臨場感再現効果技術





 




ボディソニックの技術開発
ボディソニックの研究
第3章2 アムラックスシアター ドームファクトリー

         

  bodysonic laboratory


ボディソニックの臨場感再現効果技術

 

第1章 ボディソニックによる効果音、        
  ドキュメンタリー音などの臨場感再現効果

 

小松 明  体感音響研究所

1999年3月


 

 エンジン音や爆発音など、振動感や衝撃感を伴うドキュメンタリー音や効果音を、ボディソニックで再生すると迫真の臨場感を再現することができる。
 映画などの映像メディアと組合わせることにより、圧倒的な劇的効果を高めることが出来るが、映画用の信号処理技術を必要とする。
 今後はDVDホームシアタへの応用が期待される。

1.ボディソニックによる臨場感再現効果

 ボディソニックは音楽だけでなく、振動感や衝撃感を伴う音や効果音を再生すると、迫真の臨場感を再現することができる。
 電車やSLの走る音、トラクタや車のエンジン音、衝突音、噴火や大砲などの爆発音、地震などによりビルなどが崩れる音etc…。これらの音は、広い周波数帯域と重低音域の成分を含み、衝撃感や振動感、時には地響きさえ伴なう。これらの音は、スピーカやヘッドホンによるオーディオの再生では、如何に音質の良い装置でも、振動感や衝撃感、地響きなどは伝わらない。これを、ボディソニックで再生すると振動感や衝撃感が再現され、スピーカやヘッドホンだけの再生では、とうてい再現することのできない迫真の臨場感を再現することができる。

 以前、バイノーラル録音・再生が注目された頃、テイチクレコードの「バイノーラルヘの招待(GM-1101)」というバイノーラルレコードには、代々木駅のホームで電車を待ち、山手線に乗り込んで新宿駅で降りる場面が録音されていた。
 これをボディソニックで再生すると、電車がホームに近づいてくるところで、電車の音より先に近づいてくる山手線の振動を感じ、まもなく電車の響きとともにホ−ムにすべり込んでくる迫真の臨場感が再現される。そして電車に乗ってからのリアリティーがすばらしく、電車が走りだすと、ゴットンゴットンという響きとともに本当に体がゆさぶられる。
 当時の私の実験室があった建物の前には西武線が走っていたが、訪ねて来た人にこのレコードを聴かせると、西武線の電車の音と勘違いするほどだった。

2.ボディソニックが迫真の臨場感を再現する原理
  − その秘密は“情報を持つ体感音響振動” −

 振動を発生するものとして、身近なものにバイブレータがある。バイブレータは常にバイブレータの振動しか発生できず、エンジン音や爆発音の振動を発生することは出来ないので、臨場感再現のために使用しても違和感がするばかりで、臨場感の再現効果は期待できない。
 これに対してボディソニックが画期的なのは、振動信号としてオーディオ信号を使用していることである。オーディオ信号によってボディソニックが発生する体感振動には音の情報が含まれており、エンジン音ではエンジンそのものの振動を発生し、爆発音では爆発そのものの振動を発生する。音楽では音の高低、強弱、リズム感を忠実に再現でき、表現の可能性を大幅に拡大することが出来るのである。
 ボディソニックが発生する体感振動は 情報を持つ体感音響振動 である。これがバイブレータなどの、単なる物理的な振動とは根本的に異なる点であり、迫真の臨場感を再現できる秘密がここにある。
 ハードウエア的には、主として、ダイナミック形の電気-機械振動変換器が使われ、入力信号を忠実に体感振動に変換する。

ドキュメンタリー音   

3.ドキュメンタリー音の臨場感再現効果と応用例

 ボディソニックは、ドキュメンタリー音などの臨場感再現効果とともに、特殊な効果音においては、不安感や恐怖感をも倍加する。この効果を映画などの映像メディアと組合わせることにより、圧倒的な劇的効果を高めることができる。
 これらの効果から、神戸ポートピア・川鉄地球館、つくば科学万博85・NEC館映像ホールなどに、大規模な体感音響システムが使用された。その他、3Dサウンドアトラクションとして 浅草花屋敷の“ゴーストの館”、富士急ハイランドの「処刑の館」 3D音響と体感音響振動を組み合わせた遊園地施設など、様々な応用がなされてきた。 今後はDVDへの応用が期待される。


韓国 釜山ファンタジア 4Dシアター

 処刑の館 花屋敷 インテリア

花屋敷 ゴーストの館

富士急ハイランド 処刑の館

浅草花屋敷 ゴーストの館

4.問題点

 しかし、ボディソニックで映画やドラマなどを見ると、振動や衝撃感を伴う場面であっても、音に低音成分が少ないと振動せず、期待する振動効果が得られなが得られない問題が起こる。その反面男性のせりふやナレーションなどで振動を発生して、不自然になってしまう問題などがある。
 この問題の解決のためには、新たな体感振動の概念と技術が必要である。それらについては次章で述べる。

 

         ページの先頭に戻る ページの先頭に戻る  次のページへ 体感振動の概念と技術の変遷 へ

 



Copyright (C) 2003-2017 Bodysonic Laboratory, All rights reserved.



藤井敏明  イラストレータ 敷物型のボディソニック ボディソニックの臨場感再現効果