体感音響研究所

写真から検索
ボディソニックの技術開発
ボディソニックの研究
ボディソニック効果の探求
ボディソニック関係特許リスト





参考文献リスト
体感音響研究所 開設の趣意



 


  bodysonic laboratory

 
 
 
 
 
 

 TOP

最終追記 '12/11/ 8       

     ボディソニック関係 特許リスト

1.国外特許 (特許権取得済分のみ)  Inventor : Akira Komatsu

国名 登録番号
登 録 日
発明の名称 出願日
優先権主張
USA US 6,537,234 B1
Mar. 25, 2003
VIBRATION TRANSDUCER Oct. 28, 1998
Oct. 21, 1999
USA US6,256,397B1
Jul.3,2001
BODY-SENSIBLE SWING AND VIBRATING APPARATUS Aug.24,1998
Aug.25,1997
EPC 0,488,338 B1
'95.8.23
Body-felt sound unit and vibration transmitting method therefore '91.11.29
'90.11.30
USA 5,442,710
Aug.15,1995
BODY-FELT SOUND UNIT AND VIBRATION TRANSMITTING METHOD THEREFOR Feb.10,1994
Nov.30,1990
EPC 0,477,774 B1
'96.4.24
Method of producing brewed, matured or fermented foods using vibrations '91.9.19
'90.9.28
EPC 0,477,781 B1
'94.11.30
Method of cultivating mushrooms, vegetables, or the like. '91.9.19
'90.9.28
EPC 0,469,585 B1
'94.11.30
Method of improving quality of drinking water or liquid brewed foods or promoting brewage. '91.7.31
'90.7.31
韓国 126,206
'97.10.13
振動床用パネル '89.4.27
台湾 37,505
'90.2.11
振動床用之板 '89.4.21
韓国 0,168,834
'98.10.8
体感振動器 '90.5.4
EPC 0,417,388 B1
'94.11.9
Body vibrator '90.4.27
'89.9.14
USA 5,076,260
Dec.31,1991
SENSIBLE BODY VIBRATION Apr.13,1990
Sep.14,1989
台湾 72,091
'92.7.1
體感音響振動床 '89.4.21
2,480,978
'85.12.2
Procede et dispositif de discrimination d'un signal de voix humaine. '81.4.21
'80.4.21
1,142,404
8 OTT.1986
Procedimento e dispositivo per discriminare il segnale di voce umana '81.4.17
'80.4.21
GB2143105B
'85.7.24
A system for discriminating between a human voice signal and other sound signals '81.4.21
'80.4.21
GB2077078A
'85.7.24
Method and system for discriminating Human voice signal '81.4.21
'80.4.21
DE3115801C2
'87.9.3
Schaltungsanordnung zun Unterscheiden von Sprechignalen und anderen Tonsignalen '81.4.18
'80.4.21
1,184,506
'85.3.26
Method and system for discriminating Human voice signal '81.4.18
'80.4.21
USA 4,506,379
'85.3.19
METHOD AND SYSTEM FOR DISCRIMINATING HUMAN VOICE SIGNAL Oct.13,1983
Apr.21,1980
2,443,784
'86,12,8
Convertisseur de signaux electriques en vibrations mecaniques dans la bande des frequences audibles. '79.5.19
1,163,998
'87.4.8
CONVERTITORE DE APPARECCHIA DI VIBRAZIONE ELECTROMECCANICA DELLA LO COMPRENDE '79.5.15
2,027,316B
'83.5.31
AUDIO-BAND ELECTROMECHANICAL VIBRATION CONVERTER '79.5.10
DE2953625C2
'82.8.5
Schalttungsanordnung zum Anstewern einer Schwingungseinheit '79.5.17
DE2919884C2
'82.4.15
Elektromechanischer Schwingungswandler fur den Tonfrequenzbandbereich, mit diesem verwendbare Tonschwingungseinrichtung, mit diesem verbindbare Tonvorrichtung und mit diesem verwendbarer mechanischnischer Schwingungserzeuger '79.5.17
1,147,448
'83.5.31
AUDIO-BAND ELECTROMECHANICAL VIBRATION CONVERTER '79.4.30
USA 4,750,208
'88.6.7
AUDIO-BAND ELECTROMECHANICAL VIBRATION CONVERTER '84.9.12
USA 4,495,638
'85.1.22
AUDIO-BAND ELECTROMECHANICAL VIBRATION CONVERTER '81.2.23
USA 4,354,067
'82.10.12
AUDIO-BAND ELECTROMECHANICAL VIBRATION CONVERTER '79.3.30
2,132,018
24. Mai 1973
Vorrichtung zur Befestigung eines elektroakustischen Wandlers Juni. 28, 1971
Juli. 6, 1970
USA 3,728,497
Apr.17, 1973
DYNAMIC LOUDSPEAER USING WALL AS DIAPHRAGM June. 28, 1971
July. 6, 1970

 

 

 

 






 
 
 
 

 TOP

国内特許  

2.国内特許 (特許権取得済分のみ)   発明者 : 小松 明

特許公告番号 発明の名称 出願日 備考
特許第4486134 体感音響装置用電気−機械振動変換器 08.1.11
特許第4358775 体感音響装置用信号処理回路 05. 3.31
特許第3787777 電気−機械振動変換器 02. 9. 2  
特許第3484494 体感音響装置用椅子 00. 7.24  
特許第3341238 振動音楽の表現方法及びその装置 99. 9.14  
特許第3035704 電気−機械振動変換器 98.10.28  
特許第3066637 体感揺動・振動装置 97. 8.25  
特公平7-108033 床用ドライバユニットの取付け方法 91.11.29  
特公平7-61184 電気・機械振動変換器を用いた体感音響装置 91.11.21  
特公平7-61194 電気−機械振動変換器 91. 8.30  
特公平7-112305 電気−機械振動変換器 91. 8. 2  
特公平7-61193 電気−機械振動変換器 91. 7.23  
特公平7-61198 電気−機械振動変換器 91. 6.27  
特公平7-112304 音響装置付き敷物 91. 5.22  
特公平7-61197 電気−機械振動変換器 91. 5.22  
特公平7-61196 電気−機械振動変換器 91. 4. 5  
特公平7-61195 電気−機械振動変換器 91. 3.28  
特公平6-61184 きのこ、野菜などの栽培方法 90. 9.28  
特公平7-115014 ビル給水タンクの浄水装置 90. 9.28  
特公平7-106215 足載型体感音響装置 90. 9.14  
特公平7-95941 液体食品の品質向上装置 90. 8.31  
特公平7-8226 液体食品の品質向上方法 90. 7.31  
特公平4-38429 浴槽水の加振方法 90. 6.30  
特公平6-102005 ワインの醸造方法及び醸造装置 90. 3.30  
特公平7-31755 体感振動システム 89. 9.14  
特公平8-10387 外国語修得装置 89. 1.19  
特公平6-42278 聾学校宿舎用信号伝達システム 88.11.10  
特公平6-34554 能動的体感音響装置 86.12.27  
特公平6-18599 感性振動装置 86.12. 3  
特公平6-69239 リズム検出装置 83.12.29  
特公昭62-33800 電気−機械振動変換器 83. 6.17  
特公昭62-33799 電気−機械振動変換器 83. 6.30  
特公平1-39278 マッサージ信号源を備えた音響振動装置 82. 5.10  
特公平4-27559 体感音響振動信号の抽出回路 80. 4.21  
特公昭58-5558 音響振動素子 78. 8. 7  
特公昭57-9273 音響振動装置 78. 6.22  
特公昭58-2517 音響クッション 78. 4.20  
特公昭57-9272 音響クッション 78. 5.31  
特公昭58-5636 敷設用音響振動素子 78. 5.31  
特公昭58-2516 機械的振動発生装置 78. 5.31  
特公昭58-9640 電気−機械振動変換器 78. 5.17  
特公昭58-30600 音声再現装置 78. 2.28  
特公昭49-17287 音響再生装置 69.11.10  

 

 

 

 






 
 
 
 

 TOP

 
 
 






 

国内実用新案  

3.国内実用新案 (実用新案権取得済分のみ)  考案者 : 小松 明

実案公告番号 考案の名称 出願日 備考
実公平6-21478 ベッド用の電気−機械振動変換器 91. 4. 5
実公平7-28791 ボードスピーカの取付け構造 90. 4.13
実公平7-31676 体感音響装置 90. 3.31
実公平2-10714 振動床用パネル 88. 4.28
実公平1-108695 ベッド用スピーカ装置 88. 1.18
実公平4-29820 体感音響振動ベッド 87.10.20
実公平6-44227 体感振動発生装置 87. 3.20
実公平7-56557 体感振動発生装置 87. 3. 3
実公平5-16797 振動体感装置 86.10.16
実公平7-35503 音響体感装置 86. 6. 6
実公平2-8467 振動マット 85. 2.22
実公平6-33743 体感音響装置 84. 9.17
実公平1-12463 床用振動パネル 84. 6.28
実公平1-12462 床振動パネル 84. 6.26
実公平1-12461 床振動パネル 84. 3.21
実公平6-19269 体感音響装置 84. 3. 2
実公平1-34228 リズム表現装置 83.12.23
実公昭64-6623 音響再生装置を設けたシートにおける微震動防止装置 83. 6. 3
実公昭64-6622 音響再生装置 83. 5. 4
実公平2-41996 電気−機械振動変換器 82. 7.17
実公平1-45192 振動ユニットの駆動装置 81. 4.15
実公昭61-37040 人声信号識別回路 80. 4.21
実公平1-45198 電気−機械振動変換器 80. 2.22
実公昭61-14238 振動ユニットの駆動装置 79.11.28
実公昭62-36396 振動ユニットの駆動装置 79.10.25
実公昭60-33662 音響振動装置 78.12.26
実公昭58-4316 音響振動装置 78.11.20
実公昭60-29275 振動ユニットの駆動装置 78.10. 5
実公昭57-28467 音響振動素子 78. 7.27
実公昭52-21050 壁スピーカ 70. 7. 6
実公昭50-6377 トゥイーター用振動装置 70. 4. 9
実公昭50-68 音響発生用額 70. 1.28
実公昭49-28920 ボイスコイル 69. 9.18
実公昭49-7564 電子吹奏楽器用流量変換器 69. 4.30



商標権   


4.ボディソニック の 商標権 について

 

 「ボディソニック」「体感音響装置」など の名称 と
 「ボディソニック」「ボディソニック システム」 “BODYSONIC”  “Bodysonic System”
 などの 商標権 について

 「ボディソニック」 は 商標名 であり 一般名称は 「体感音響装置」。これらの名称はそれなりに知られており、ネット上でも多数のファイルが検索される。
 「ボディソニック」 は、1976年に設立された ボディソニック株式会社 の商品名。 これらの名称は 商標 なので一般名称が必要となり、1980年代の中頃に、BODYSONIC 及び、ボディソニック の一般名称は 「体感音響装置」 と呼称されるようになった。

 なお、ボディソニック株式会社は 2000年7月に社名が オメガ・プロジェクト株式会社に変更され、ボディソニック、BODYSONIC、ボディソニック システム、Bodysonic System などの商標権は オメガ・プロジェクト株式会社が所有している。

           ボディソニックとは
           ボディソニック技術開発の先駆
           ボディソニック(体感音響装置)開発の歴史的経緯

 

ページの先頭に戻る ページの先頭に戻る      

 


Copyright (C) 2003-2017 Bodysonic Laboratory, All rights reserved.