□障害者芸術に関する国内のサイト□

 

団体

  施設・作業所  

NPO、グループ、ネットワーク

  ▼パフォーミング・アーツ   

作品紹介、WEBギャラリー

個人のアーティスト

    

 

団体

施設・作業所

LIFE STAGE (東京都世田谷区)

世田谷区にある知的障害者福祉作業所、ライフステージのホームページです。メンバーの創作活動の様子を見ることができます。

アトリエ素心居 (愛媛県松山市)

優れた感性や可能性を持っていながら、それらが十分に発揮されていない障害者、アートの視点から新たな生き方を見つけ、文化的で人間性の感じられる活動の拠点として、アトリエ素心居を設立致しました。

福山六方学園 (広島県) 

福山六方学園は、知的な障害のある方々の施設。芸術活動に取り組んでいて、広島の障害のある方々の芸術作品展でも数多く入選しています。施設から生まれた作品を、FUKUROKU ARTと呼んでいます。

アートステーションどんこや (宮崎県宮崎市)

アートステーションどんこやは、芸術文化活動を行っている身体に障害のあるひとたちの団体。宮崎市内に1998年に誕生した。陶芸・絵画・和紙・押し花・皮革・書・などを制作。ここでは一人ひとりがアーティスト。

OIDEYOハウス (長野県上田市)

16名の個性豊かな表現者たちが自由にそれぞれのスタイルでアート活動をしています。絵画、陶芸、書、手芸、オブジェ、太鼓、石並べ、、、などとジャンルもさまざま。

風の工房 (長野県真田町)

風の工房は1989年に開設され、母体となる入所施設、グループホーム、自宅から通う知的ハンディのある仲間(現在計12名)が、平日の昼間ここに通い、それぞれに自分のペースでアート活動をしています。

嬉泉

嬉泉は東京都、千葉県に自閉症のある子供・成人のための施設を運営している社会福祉法人。“AUTOS”をクリックすると、施設の利用者の制作したカレンダーや造形作品を見ることができる。

工房まる (福岡市南区)

福岡にある作業所「工房まる」のホームページ。

此花第2太平学園 (大阪府大阪市)

大阪市内の知的障害者通所更生施設「此花第2太平学園」のホームページです。メンバーの創作活動(作品)の一部を紹介しています。

すずかけ作業所 (兵庫県西宮市)

兵庫県西宮市にある作業所では知的障害のある人の多様性を重視し、自由に創作活動に取り組めるワークショップを行っている。

「ゼノ」やまびこ学園 (広島県沼隈郡)

社会福祉法人「ゼノ」少年牧場 「ゼノ」やまびこ学園は、知的障害児・者を対象とした入所施設です。活動内容は、全人間的発達と生きがいを柱に文化・芸術・療育的活動を積極的に行っています。また、施設入所児・者の方の他、地域で暮らす障害児・者の方にも様々な活動の場を提供しています。

たんぽぽの家 (奈良県奈良市)

障害のある人々が芸術活動などの創造的活動を通して自己を表現し、社会自立を目指すために、国内・海外へネットワークを広げて活動を展開している奈良市にある社会福祉法人。イベント情報や最新のニュースも豊富で、インターネットを通して本やグッズなども販売している。

兵庫県立出石精和園(いずしせいわえん) (兵庫県出石町)

兵庫県の知的障害児(者)施設・出石精和園のホームページ。造形活動の一環として取り組んでいる絵画、陶芸、手工芸等の一部を公開している。

横浜ラポール (神奈川県横浜市)

障害者がスポーツ・レクリエーション、文化活動を通じて健康づくりや社会参加の促進を図る障害者スポーツ・文化センター。芸術祭、展覧会、音楽教室などの実施を通して障害のある人の文化活動を支援し、活動の振興を図っている。

まつさかチャレンジドプレイス 希望の園 (三重県)

   万人にとっての豊かな未来創りを目指し、芸術・文化活動、社会活動、国際交流など積極的におこなっている三重県松阪市にある小規模作業所のホームページ。

上へ戻る

NPO、グループ、ネットワーク

NPO法人工房あかね (群馬県高崎市)

工房あかねは障害をもつ人たちの芸術活動の支援を目的に2000年にスタ−ト。2002年6月 NPO法人として認証を受け活動をつづけています。展覧会の定期的な開催バリアフリ−の絵画教室ア−トティチャ−の派遣が主な活動。アートを通して心のバリアフリーを実現し、新しいコミュニティーを創造する場所。

アートラボ・オーバ (神奈川県横浜市)

芸術家有志が運営する、学問としての芸術を必要としない人、主に知的な障害のある人達のためのアトリエとその企画制作事務所。神奈川県内の数カ所の福祉施設で定期的に絵画や音楽などのワークショップを開いている。ホームページ上には小さなギャラリーもある。

かながわ障害者ネットワーク (神奈川県)

エイブルアート・フォーラムを中心に、神奈川県内での障害者芸術に関係するイベントの運営、情報の告知などの活動をしている。

Joint (神奈川県横浜市)

福祉機器とユーザとの楽しい関係作りをスタートに、デザインを通じてひとりひとりを「つなぐ」場を提案する非営利のグループ車いすホイールカバーのデザインマーケットがある。

NPO法人 クリエイティブサポート・レッツ (静岡県浜松市)

その人、その子の持っている、「生きる力」「自分を表現する力」を大切に、大切に、育てていく場。そして、障害、国籍、性差、年齢、…、あらゆる「ちがい」を乗り越えて、自分にもっともあった「表現活動」を通して、様々な人たちと交流し、そして、街の中で、元気に、生きいきと生活していく。そうしたユニバーサルな社会の実現に向けても、知的障害児者クリエイティブサポートレッツは、さまざまな提案と実践をおこなっていいる。

有限会社ゆいびと (東京都八王子市)

「ゆいびと」は、障害がある人たちの手仕事や表現活動を通して、さまざまな企業や福祉団体、NPO、個人のネットワークなどをつなぎ、豊かな人と人の関係をつくってゆきたいと考えている。

西東京アクターズスクール(WAS) (東京都八王子市)

西東京アクターズスクール 〜障がいのある人とともにつくる新しいステージワークス〜(略称WAS)は「舞台表現の新たな可能性」の実現のために、ダンス・朗読・演劇・楽器演奏・歌・映像などの表現を通して、国籍、年齢、障がいの有無、経験未経験を問わず、参加したすべての人が輝くことのできる、斬新で独特の魅力にあふれた舞台芸術の創作を試みる単年度型スクール。また、その活動をとおし、参加者同士が互いに刺激しあい、理解を深め、新たな気づきや学びに満ちた豊かなアート・コミュニケーションの「場」づくりもめざしている。

上へ戻る

パフォーミング・アーツ

手話ランド きいろぐみ (東京都世田谷区)

「手話ランドきいろぐみ」のホームページ。 きいろぐみは、耳の聞こえない人にとって大切なコミュニケーション手段の一つである「手話」を使って、様々な舞台活動を行っています。

チャレンジステージ・フレンズシアター(佐賀県)

障害の有無、程度に関係なく、誰もが役者として尊重される演劇を創っている劇団です。ホームページでは、どんな作品をどのように作っているのかの情報、稽古記録などが掲載されています。

みやぎダンス身体表現の会「ZASHIKI・WARASHI Project」 
 (宮城県仙台市)

2003年夏、みやぎダンス心体表現の会は、Dance作品「ZASHIKI/WARASHI」(仮題)の上演を企画しました。人間が持つ創造性に障害の有る無しは関係ありません。一人ひとりが公平に生まれ持っている力です。ただ、その力が成長と共に体の奥深くへと影を潜めているだけなのです。今回は演出にウォルフガング・シュタンゲ氏、特別出演に岩下徹氏を迎え、みやぎダンス心体表現の会と公募によるメンバーで、2週間のワークショップを経て作品を作り上げていきます。

むつみ連 (東京都三鷹市)

東京都三鷹市聴覚障害者協会を母体に三鷹に住む聴覚障害者と手話ボランティアが中心になって、1988年に結成した阿波踊りのグループ。阿波踊りに関心のある、聴覚障害者と健聴者の交流広場、メーリングリスト“「からだで感じる」阿波踊り”も運営しており、メッセージ公開のwebページを上記のサイトにリンクしてあります。

わたぼうし語り部 (奈良県奈良市)

“語り芸”を競う場として毎年開かれている、わたぼうしかたり部コンクールの概要が紹介されている。

CONVEY

「障害者のパフォーミングを応援するページ」。
この中でプロジェクトを立ち上げたり、情報掲示板を立ち上げたり、いろいろな人に障害者の表現活動を知ってもらおうと活動している。

上へ戻る

作品紹介、WEBギャラリー

アートキャンプ2001展 (沖縄県浦添市)

沖縄県で2001年5月に開催した「アートキャンプ2001展」のホームページ。

アートビリティ(旧 障害者アートバンク) (東京都新宿区)

障害者アート専門の芸術ライブラリー。380人の作家による3800点以上の作品をストックし、印刷物などの媒体に有料で貸し出している。その使用料は作者に還元されて、彼らの自立のための援助にあてられている。登録されている数多くのの作品が見られるギャラリーがあり、“リンク”をクリックすると、障害者アーティストの太田利三さん徳岡麻美子さん小池誠さん京極玲子さんのホームページにとぶことができる。

アート村 (本社:東京都千代田区/大阪市北区)

アート村ではアート(芸術)を通じて障害のある人に就労の場を提供し、社会的自立を応援するため、株式会社パソナのサンライズグループが中心となって運営している。障害者アーティストを対象とした公募展、個展・グループ展などの企画展を開催している。また、アトリエではアート講座なども開いている。音声読み上げソフトウェアにも対応。

ふれあいアートステーション・ぎふ (岐阜県岐阜市)

岐阜県に拠点を置き、登録者88人の作品279点をポジフィルムとしてストックしている。一部の作品はカレンダーに起用され、一部1000円で販売されている。インターネットを通しての注文も受け付けている。

「167の芽」 (主催:共同作業所全国連絡会東京支部 東京都町田市)

2000年4月25日から30日まで銀座のすどう美術館で行われた、障害者公募展に出展された作品がオンラインギャラリーで見ることができる。

JDSN美術館 (JDSNホームページ内)

JDSN美術館にはダウン症の障害者アーティストの作品を展示していて、常設展、特別展などいくつかの展示室が設けられている。

Spastic Gallery (北海道江別市)

北海道に住んでいる頸椎損傷者や全身性障害者の人の作品(俳句、写真、絵画など)がギャラリーの中で見られる。随時作品を募集している。

上へ戻る

 

個人のアーティスト

ギャラリー夢庵

福岡県在住のアーティスト、升元昌徳〔ますもとまさよし〕さんの作品を常設で展示しているギャラリー。

卓也アートボックス

福島県在住のアーティスト、 蒲生卓也さんのホームページ。

乙川あおぞら商店

詩人であり、語り部であり、電動車椅子の行商人である乙川さんのホームページ。

縄文笛通信

縄文笛、ふる−と奏者・縄文笛 毅(じょうもんぶえつよし)のペ−ジです。

吉田ヨーゾー

福井県坂井郡金津町を拠点に活動するアーティスト、 吉田ヨーゾーさんの「オンラインアートギャラリー」です。

遙か群衆を離れて

エイブル・アート・ジャパンの会員の小林秀行さんのイラストを展示しているサイトです。パステル中心にほのぼのとした絵が紹介されています。

光島貴之

全盲のアーティスト、光島貴之さんの個人のホームページ。

ギャラリー佳織

六甲山国立公園の近くの住宅街にある障害者アーティスト田宮佳織さんのギャラリー。ポストカードにもなっている彼女の作品はホームページ上でも見られる。

クマノミのスケッチ

自閉症の7歳の男の子、クマノミ君の作品が見られる。1998年のアートパラリンピック長野で街角賞を受賞した“ぼくのヒーロー”をはじめ、仮面ライダーや車、バイクの絵などたくさんの作品が展示されている。各ジャンル別の代表作をクリックすると、そのジャンルの作品集を見ることができる。

佐々木卓也

造形作家である佐々木卓也さんの活動を支援する目的で運営されている。2000年1月に出版された彼の作品を紹介した本、“おかあさん”の紹介や、最新作品の紹介、展覧会のスケジュールなどが掲載されている。

ダダ父通信

自閉症児ダダくんのお父さんが運営しているホームページで、“ダダ画伯の絵”をクリックすると、彼がキッドピクス98を使って描き、また自らタイトルをつけた具象画と抽象画が見られる。

ちづるのスケッチブック

自閉症の女の子のお母さんが運営しているホームページ。神奈川県にあるアートラボ・オーバで活動しているちづるちゃんの作品が展示されている。

つねさんちのホームページ

“千恵のアトリエ”をクリックすると、自閉症児の女の子が6歳から8歳の間に描いた絵や粘土作品が展示されている。

はばたけ翼!!

自閉症の女の子のホームページで、“つばさ画廊”をクリックすると、“ポケモンシリーズ”や“ドラえもんシリーズ”をはじめとする作品をみることができる。彼女のプロフィールも紹介されている。

estudio N

福島県生まれで、数々の賞も受賞している作家自らが運営しているホームページ。“展示ホール”の作品をクリックするとカラーになり、全作品のポストカードも販売している。

松原香津美

北九州に住む漫画家、松原香津美さんにホームページ。吃音によって受けた苦しみを表現した漫画も掲載している。

Yoshiki Land (ヨシキランド)

谷口由記くんのホームページ。由記くんの作品を紹介したギャラリーや生活メモ、自閉症にまつわるの事柄についてなど、とても丁寧にシンプルにまとめられている。

じゅんちゃんのフェルト

手芸が大好きで、毎日フェルトでアップリケをしてしているじゅんちゃん。可愛く、面白い作品がたくさん紹介されています。

篠原賢日記

統合失調症の障害のある篠原賢さんの日記。篠原さんは「精霊」という詩集を出版しています。

上へ戻る


★リンクのトップへ戻る★