トップページ > 内視鏡・エコー検査について 

日本は世界一の高齢化社会で、骨粗鬆症患者は今後も増加傾向にあります。

そのような状況で、骨折して寝たきりになる人の急激な増加が懸念されており

正確な骨密度測定による骨粗鬆症患者の早期発見治療予防が必要とされています


X線骨密度測定装置GE社製DPX-BRAVO

広島クリニックでは最新鋭の骨密度測定装置を設置し、骨粗鬆症の診断並び、治療を行っています。
   
検査部位は腰椎正面、大腿骨、前腕骨です。
   
被ばく量も少なく、安心していただけます。(胸部レントゲン撮影の1/4程度)
   
検査時間は約10分以内で行なえ、痛みもありません。


腰椎正面



前腕骨



大腿骨




〒733-0032 広島県広島市西区東観音町20−16 TEL 082-232-0707 / FAX 082-295-2680
Copyright (C) 2006 広島クリニック. All Rights Reserved.
.